母乳育児のために雑穀米と白米、どちらを選べば良いですか?

母乳育児 雑穀米

Q.母乳育児のために雑穀米と白米、どちらを選べば良いですか?
雑穀米のほうが栄養価が高いので買おうかどうか悩んでいます。現在妊娠中です。よろしくおねがいします。

雑穀米は母乳にいいと聞いたことがあると思います。
確かに雑穀米は、栄養価が高いです。
しかし、母乳育児をするには、雑穀米にはメリットとデメリットがあります。
雑穀米だけではなく、物事にはメリットがあればデメリットは付き物です。
デメリットを理解したうえで、雑穀米を食べれば問題はありません。

雑穀米とは?

母乳育児 雑穀米
まずは、雑穀米とはどんなものか紹介します。
雑穀米は、白米に玄米、大麦などの色々な雑穀を混ぜ合わせたお米です。
玄米や黒米、赤米などの米類に粟やひえ、きび、ハトムギ、大麦などのあらゆる雑穀を混ぜ合わせて食べる主食です。
雑穀は、ざまざまな雑穀の栄養える事が出来るので、栄養価がとても高いです。

母乳育児をするうえで、雑穀米を食べるメリット

メリットは2つあります。

1.母乳が増えます。
2.バランス良く栄養補給出来ます。

雑穀米には多くの栄養が含まれていて、白米よりも多くの栄養があります。
そのため、母乳が増えます。
そして授乳中は、栄養が沢山必要すので、雑穀米を食べることによって、バランス良く栄養補給をすることができます。

母乳育児をするうえで、雑穀米を食べるデメリット

デメリットも2つあります。

1.雑穀のもち米の栄養素は母乳の出を良くするが、過剰に摂取すると乳腺がつまることがあります。
2.乳児がアレルギーを持っている場合、母乳を介して症状が出ることがあります。

雑穀米の中に入っているもち米は母乳の出を良くします。
しかし、雑穀米を過剰摂取をしてしまうことで、乳腺をつまらせてしまう可能性があります。
ですので過剰に摂取しなければ大丈夫なのですが、念のために食べ過ぎには、気を付けた方がいいです。
そして雑穀米には様々な雑穀が含まれているため、乳児がアレルギーを持っていると母乳を介して症状が出る可能性あるので注意してください。
雑穀米を食べて、乳児にアレルギーが起きたかアンケートをとった結果、97%の人が大丈夫だったと答えていて、残りの3%の人が出たと答えていました。

母乳育児をする時に、雑穀米の選び方と食べ方

母乳育児 雑穀米 選び方
授乳中に雑穀米を選ぶときには、ポイントがあります。

1.穀類の種類が少ない物から始める
2.農薬の使用しているかどうかを確認する

(国産の雑穀米の減農薬や有機栽培がベスト)

食べ方としては、しっかりと炊いて消化を良くしてください。
しっかり消化できれば、食物繊維も多く摂取できます。

雑穀米の食べ方

母乳育児 雑穀米 食べ方
普通に三食だけ雑穀米を食べるのであれば、問題はないのですが、授乳中はとにかくお腹が空きます。
授乳で赤ちゃんに栄養などを取られているので、仕方ないのですが、上記でも言いましたが、雑穀米を食べ過ぎると乳腺がつまる可能性があるので、沢山食べるのはよくありません。
でも、お腹が空いたままにしとくのも、辛いですよね。
私も雑穀米を食べていたので、食べ過ぎると良くないと思って、野菜などを食べてたけどやっぱり物足りなくて、ご飯を食べたくなりました。
我慢できず、雑穀米を1日に何食も食べていたら、乳腺炎になってしまいました。
そして考えた結果、私は白米に雑穀米を混ぜたご飯を炊くことにしました。
私の場合は、白米と雑穀米を、1:1の割合で炊いて食べてました。
これにしてから、乳腺もなることなく何食も食べれるようになりました。

母乳育児するには、雑穀米がいい

母乳育児をすると、どうしても栄養不足になります。
勿論雑穀米を食べるのには、メリットもデメリットもあります。
しかし、野菜などを食べてもなかなか目標目安量はとれません。
雑穀米のアレルギーを母乳で起こす場合は、少ないのでもし起こした場合は、雑穀米をやめればいいので、個人的には母乳育児をしたい場合は、雑穀米を食べるのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です