母乳やミルクはいつまで飲ませていいのしょうか?

母乳 ミルク いつまで

[su_box title=”Q.母乳やミルクはいつまで飲ませていいのしょうか?” box_color=”#fd7e89″]もうすぐ1歳になる子どもがよく欲しがるのですが、そろそろ卒業しようかと考えています。[/su_box]

母乳をいつまで続けようか、ミルクをいつまであげようか、ママにとっては、本当に悩みどころですよね。私も不安で仕方がなくて、育児書やネット情報を見たり、助産師さんや看護師さんに何度も質問しながら、試行錯誤していました。

子どもとのスキンシップが一番

子どもとのスキンシップが一番
母乳の栄養がいいのは勿論ですが、何よりも子どもとのスキンシップが楽しむ幸せな時間ですよね。私も、出産前は、産休期間中の少なくとも1年間くらいは、しっかり母乳をあげたいなと思っていました。ところが、子どもの方は、生後2週間からちっとも飲む量が増えなかったんです。吸う力が弱くて、上手く飲めずに疲れて寝てしまう、でも飲む量が少ないから、すぐに目覚めてしまい泣き出すといった悪循環に、私自身、本当に困り果てていました。結局、飲めない分はミルクを足して、ということでかなり早い時期から母乳とミルクの混合に。でも、哺乳瓶からスルスルと飲めてしまうミルクの方を子どもが欲しがるようになるのは時間の問題でした。それで、生後3か月くらいで母乳は卒業せざるを得ない状況に。何だかダメなママでとても落ち込んでいた時に、助産師さんに言われた言葉が今でも忘れられません。「栄養は母乳でなくても大丈夫。母乳を辞めたら、その分いっぱい抱っこして、スキンシップを楽しんであげてください。」と。

ママの中には、お子さんが2歳、3歳になっても、まだ母乳を続けているような方もいらっしゃいますよね。母乳はお子さんの精神安定にいいので、長い方がいいとおっしゃる方も。それはそれで、本当に素敵なことだと思います。でもママのお仕事や体調、そして私のように子どもの好みもあって、そこまでできないママもたくさんいます。ママが、そろそろ卒業かなと思い始めたら、その時が、徐々に回数を減らしていくチャンス。その分、いっぱい抱っこしてスキンシップをはかりながら、愛情を注いであげましょう。

ミルクは離乳食に混ぜながらもOK

ミルクは離乳食に混ぜながらも
ミルクをいつまであげるかも、悩みどころですよね。ミルクの方は、お子さんの方が成長とともに、ミルク以外の飲み物に興味をもってくるようになってくるのを待つのも一つのアイディアかと思います。例えば、麦茶をマグで飲みたがったり、子ども用のリンゴジュースを欲しがったりするのも、もう間もなくです。徐々に他の飲み物に切り替えていくようなつもりで、焦らずにお子さんの嗜好と向き合っていくのもいいかもしれませんね。

私の場合は、離乳食によくミルクを混ぜていました。お芋や野菜を甘く味付けするのにちょこっとミルクを足すようなメニューは多いかと思いますが、うちの子が一番好きだったのはミルク煮。だから、初めのうちは、哺乳瓶でミルクをあげるのと大差ない状況で、子どもも私も、あまりストレスを感じなかったのが良かったのかもしれません。徐々に離乳食が増えていく中で、自然にミルクの方も卒業になりました。ちなみに、うちの子どもは離乳食の頃から、よく食べよく飲み、そしてよく寝るようになりました。10月生まれですが身体は大きい方で、幼稚園の年少組に入った頃から、背は後ろから2番目です。

ママの健康が資本!

お子さんもつかまり立ちを始めたり、徐々に歩き始め、そして走り回る年頃になりますよね。ママは本当に体力勝負です。母乳をあげていれば、肩が凝ることもあるし、おっぱいのトラブルに見舞われることもしばしば。ママの身体にとっても負担が大きいのも事実です。そろそろ卒業かなと思ったら、ぜひ思い切って、お子さんの成長を応援するつもりで、一歩を踏み出してみてください。ミルクの方も焦らず、でも徐々に減らしてみましょう。哺乳瓶でミルクをあげるママの体力的な負担はぐっと少なくなりますよ。お子さんも間もなく椅子に座って、ママの顔を正面から見ながら、離乳食を食べる時期になりますね。ママがいつも健康で、そして笑顔で育児ができることを応援しています。

045ten

東京都・39歳・女性
息子とバイオリンのアンサンブルをするのが1番の楽しみ。来月の発表会に向けて、2人で毎日、猛練習中です。趣味は独身時代から続けている家庭菜園とパン作り。ただいま第二子妊娠中で夏に出産予定です。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply