母乳が急に張らなくなったのですが、どうしてですか?

母乳が急に張らなくなった

母乳が急に張らなくなったのですが、どうしてですか?

ハッキリ言うとペタンコという感じで、両方とも母乳が出なくなりました。混合で育てているので問題ないのですがショックです。こういう場合、母乳外来(相談室)に行けば治るのでしょうか?

張らなくても母乳は出ている事も多い

まず、乳房が張らなくなったからと言って、本当に母乳が出ていないとは限らないので、すぐにショックをうけることはないです。
ぺたんこの状態でも赤ちゃんが飲む分は出ている事はあります。いわゆる「差し乳」です。
また、出産して3ヶ月~半年くらいまでは痛いぐらいに張っていても、その頃に落ち着いて、張らなくなることもあります。
個人の経験としては、初めての出産では産まれてから数ヶ月、母乳パッドを一日に何度換えても、そしてお風呂でもにじみ出るほどに、常にあふれるほど張っていましたが、半年ほどで落ち着いて行きました。
2回目・3回目の出産では母乳パッドが必要なく、赤ちゃんが飲んで必要な分が生産されている状態でした。
張っている事は無く、むしろ柔らかい状態でした。

張り方よりも大事なこと

張りの有無よりも、うんちとおしっこの量と回数、睡眠の様子と、授乳間隔とミルクの量の変化が目安になります。
ただ、それだけでは分かりにくいので、月齢に合わせて注意すべきことをまとめてみました。

  1. 低月齢の場合

  2. 低月齢のうちは特にミルクと母乳が栄養の要ですから、本当に母乳が出ていないのかどうかを確かめるためにも、一度母乳外来に相談することをオススメします。出るようになるかは個人差がありますが、赤ちゃんの状態を一緒に確認していただき、母乳に関しても、適切なアドバイスをもらうことができます。
    自己判断でも問題なく出来ることとしては、水分をしっかり取ることや、バランス良い食事を十分すること、などはありますが、専門のアドバイスを頂くことで安心もできると思います。

  3. 生後3ヶ月以降

  4. 生後3ヶ月以降でしたら赤ちゃんの機嫌や排泄、睡眠の様子をみながら、母乳相談に行くか決めて良いかと思います。
    混合であれば栄養の心配はありませんし、母乳を続けたいという気持ちが強くあり、お母さんが辛くないのであれば、母乳を吸わせることをもうすこし気軽に続けてみてはいかがでしょうか。
    いずれにせよ、吸わせるのを止めると、母乳は出なくなってしまうのは確かなので、「足りなければミルクがある」という気持ちで、母乳育児も継続していくと良いと思います。

  5. 生後5~6ヶ月以降

もし5~6ヶ月以降であればこれまでのリズムで軌道に乗っているでしょうし、今後は離乳食に移行するにつれてミルク・母乳だけの栄養から食事の栄養へと少しずつ入れ替わって行く時期です。また、母乳の質も変わっていくそうです。離乳食初期は必要に応じてしっかりミルクを足し、母乳にをあげる時間はお互いの安心やスキンシップとして考えても良いでしょう。

母乳にとって良いこと

慣れない育児は大変ですが、ストレスをためないこと、睡眠をきちんと取ること、食事をしっかりとること、そして水分補給です。
母乳に良いと言われるハーブティーやたんぽぽ茶などもよいですし、カフェインを過度に摂るなどでないかぎり、好みの飲み物をしっかり飲んで水分を補給しましょう。

まずはお母さんの気持ちが楽になれる事が大事

母乳でもミルクでも、やはり楽しみながら育児が出来ることが大事です。月齢が進んでいるようでしたら、混合育児のメリットを最大限に生かし、気楽な気持ちで母乳育児も続けてみてください。お母さんがリラックスできているかも大切です。
まだ小さい赤ちゃんですと、今後母乳が出なくなるとしたらショックを受ける事もあるかもしれませんが、そこは母乳外来で専門の方と無理のない最善な方法を探ってみましょう。

何よりも、赤ちゃんが健康に育つこと、そして自分にとって一番安心して育てていける選択をしてくださいね。

みーこ

宮城県・38歳・女性
幼児から小学生までの三姉妹を育てています。出産も、母乳の飲み方も、睡眠や性格、これまでの育ち方も3人それぞれ違っています。今振り返るともっとうまくできたかもしれない、こんな風にできていたら、と思うことばかりです。よろしくお願いします。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply