母乳育児に挫折しそうです。

母乳育児に挫折しそうです。
[su_box title=”Q.母乳育児に挫折しそうです。” box_color=”#fd7e89″]母乳が吸いづらいのか、ミルクが好きみたいですし、搾乳しても1回に左右で50ccもとれません。無理して母乳にこだわる必要は無いのかと思いますが、母乳量を増やせる方法があればお聞きしたいです。[/su_box]

母乳育児に挫折しそうです。どうしたら母乳量を増やせますか?

初めての母乳育児・・・。

よくある妊娠から出産までの本の中には、生まれてからの母乳について書かれているものは少ないような気がします。

私も出産まではよかったのですが、子供が生まれてからすぐに始まる母乳育児には挫折の連続でした。

どんどん張って来るおっぱいの痛みに耐えながら母乳を飲ませていまいたが吸うのが下手で、なかなか母乳を飲めないでいました。

おっぱいが張る痛みに耐えられず助産師さんを呼び、「どうしたらいいのか分かりません」と入院中は毎日泣いていました。

搾乳し過ぎても胸が張るし、マッサージのし過ぎも良くないと言われて胸が張るのに母乳の量はあまり出ていない事が、本当に辛かったです。

「このままでは、子供が上手に母乳を飲んでくれないと量が増えない・・・。」

もう限界でミルクで育てようと、挫折しそうな時に市で紹介された、自宅へ訪問してくれる助産師さんに出会う事ができました。

悩みを相談すると、

「肩に力が入っているからとにかくリラックスする事からはじめましょう」

と言って下さり、確かに肩が常に上に上がっていて力が入っている事に気が付きました。

そしてしばらく、肩のマッサージをしながら悩みを聞いてくださり、マッサージをして下さいました。
その時に教えてくれた方法が乳首を柔軟にした方が、赤ちゃんは吸い付きやすく母乳が飲みやすくなり、よく伸びる乳首は赤ちゃんの舌にフィットしやすいそうです。

母乳量を増やす為にお勧めの方法

母乳量を増やす為にお勧めの方法
それから週に2回程、助産師さんが自宅に訪問してくれてマッサージを続けていく内に、乳首が柔軟になりよく伸びるようになりました。

マッサージのおかげか、乳首から母乳が出て来る量も増えて来て最初の頃よりもゴクゴク飲んでくれるようになりました。

マッサージの他に実践していた事は体を温めて、血流をよくする事と通販で売っていた、母乳の出をよくするハーブティを飲んでいました。

しばらくはミルクと混合でしたがマッサージとハーブティを続けてた結果、1ヵ月もしない内に、母乳だけで育てる事ができるようになりました。

その他には、洋食が多かった食生活を見直し、母乳に良いと言われている和食に切り替えたり、冷たい飲み物をゴクゴク飲まず、常温のお水や温かい物に替えたりしました。

とにかく体を冷やさない事が大事だと思います。

そして、自宅で軽くストレッチしたりウォーキングに出かけたりと、体を動かして気分転換する事も心掛けていました。

肩の力を抜いて、リラックスする事を心掛けて肩が上がっていたら、力を抜いて下に下げるようにし上下に上げ下げする体操も取り入れていました。

その結果、母乳が順調に出るようになり出過ぎて子供が、むせて咳をする位出るようになりました。

順調に行き始めた母乳育児ですがまた新たな壁にぶつかりました。

それは、乳腺炎です。

おっぱいにゴリゴリと硬いものが出来ていて痛みもあり、気が付いたら高熱と酷い寒気に襲われました。

そしてまた助産師さんにマッサージをしてもらい、つまっている所をほぐしてもらいました。

その時のマッサージが悲鳴をあげる程激痛でした。

つまりの原因は、クリームたっぷりのケーキを食べ、油っこいものを油断して食べ過ぎた事だったようです。

あまりの痛みと高熱に、もう母乳は嫌だと思ってしまいミルクならこんなに辛い思いはしなくていいのにと、また挫折しそうになりました・・・。

一人で頑張らないと!と、あまり人に頼らないで子育てをしていて、それがストレスになったのか、過食気味になり甘いものと油っこいものを欲していて、食べ過ぎてしまいました。

初めての育児を頑張ってしまうお母さんは多いと思います。

私は3人の子供の母ですが、一人目が一番神経質になっていましたし一人でついつい抱えこんでしまう事が多く、あまり頼る事をしていませんでした。

やっぱり母乳量を増やすには、ストレスもよくありません。
ときには誰かに頼って、リフレッシュする事も大切だと思います。

ayfrm

東京都・37歳・女性
ただ今3人の子育ての真っただ中で、少しでも自分と同じお悩みを持つママさん達のお力になれたらと思いました。一人で悩まず、一緒に解決できたらと思います。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply