母乳育児中に使える頭痛薬を探しています。

母乳育児 頭痛薬

母乳育児中に使える頭痛薬を探しています。

母乳育児中に使える頭痛薬を探しています。妊娠から出産、授乳期まで薬が使えませんが、逆に使える薬が無いか探しています。片頭痛になりやすく、育児どころではありません。母乳を止めてしまえば薬も飲めて楽になるのかとも思うのですが、こういった悩みを抱えているお母様達はどうされているのかが知りたいです。

頭痛を我慢しながらの家事・育児

母乳育児 頭痛 家事

頭痛を我慢しながらの家事や育児は、普段の何倍も大変で、つらいということを私も実感しています。
頭痛がない時は、すぐに終わることも時間がかかり、子どもに対してもやさしい気持ちを向けにくくなってしまったりということもありました。
育児どころではないというお気持ち、とてもよくわかります。
母乳をあげるために夜間も起きたり、子どもを抱っこしてあげて肩こりから頭痛が起きたり、育児中にはたくさんの頭痛を起こす要素があると思います。きっと、がんばって育児されているのだと思います。

妊娠中に処方されたことのある解熱鎮痛剤

妊娠中 解熱鎮痛剤

私は、妊娠中にインフルエンザにかかってしまったことがあります。
その時、医師は、「できるだけお腹の赤ちゃんにやさしい薬を出しておきます」といってカロナールを処方してくれました。タミフルも処方されず、つらい日々を過ごしましたが、何とか、カロナールのみで乗り切ることができました。

授乳中飲んでいい薬について婦人科で聞きました

授乳中薬婦人科
私も頭痛持ちで、一度頭痛が起き始めると3日くらいは改善しません。
薬はできるだけ飲まないという気持ちでいたので、頭痛があっても薬を飲まずにいました。
でも、やはり頭痛があると、毎日の家事・育児が大変なことに加え、気持ちまで沈んでしまいました。そして、その気持ちの沈みが、あまり育児を手伝わない夫に向いてしまったりということもありました。
やはり、子どもが健全でいるためには、母親である自分が元気であることが一番大切だと思いました。
婦人科で聞くと、一番やさしく、母乳に影響しにくい解熱鎮痛剤は、カロナールだと医師は言いました。カロナールは商品名で、成分はアセトアミノフェンだそうです。そして、ずっと飲み続けるわけではなく、痛い時だけ飲むという形なので、無理せず飲んで大丈夫だと付け加えてくれました。カロナールは、200mgや300mg、500mgと含まれる量によっていくつかの種類があります。体重によって、飲む量がかわってくるので、一度婦人科で相談されるといいと思います。私の場合は、カロナール300mgを1回1錠ずつと言われました。
バファリンやロキソニンは、アセトアミノフェン系ではなく、効き目も強めだそうです。バファリンやロキソニンも、授乳中でも大丈夫ではあるけれど、カロナールの方がやさしいということでした。
また、漢方薬は、効き目が緩やかで、効く人には効くけれど、効かない人もいるそうです。即効性はないため、飲み続ける必要があり、頭痛の時にだけ飲むという使い方はできないかもしれません。漢方薬は、副作用がないと思っている人もいるようだけれど、どんな薬にも副作用はないわけではなく、それは漢方薬も同じだと言われました。
カロナールも、副作用がないわけではないですが、6時間以上あけて服用するなど、用量を守って飲めば、副作用の少ない薬だそうです。
私の場合は、効き目が弱めであると言われるカロナールで、頭痛はおさまりました。薬が切れてくると、また、痛みを感じ始め、もう一錠飲むということもありますが、飲めば頭痛がおさまるとわかっているだけで、また頭痛がきたらどうしようという不安がなくなっています。

ドラッグストアの薬剤師さんにも聞いてみました

ドラッグストア 薬剤師
カロナールは、薬局にもないか聞いてみましたが、婦人科の医師はわからず、薬局で聞いてみるように言われました。
ドラッグストアの薬剤師さんは、「カロナールは薬局には置いていないけれど、違う商品名でアセトアミノフェンが主成分である薬はある。」と言って教えてくれました。
タイレノールA」という薬でした。カロナールはとても有名なのに、タイレノールAは初めて聞く薬で、これが本当にカロナールに匹敵するものなのかとびっくりしましたが、確かに、成分にはアセトアミノフェン300mgと書いてありました。
ロキソニンやバファリンが、ちょうど目線の位置のとりやすい場所に置いてあるのに対し、タイレノールAは、左上の片隅に置いてありました。あまり売れない薬ではあるのだろうなと思いました。
薬剤師さんも、一番やさしい解熱鎮痛剤は、アセトアミノフェン系であると言いました。
タイレノールAを購入して、飲んでみました。タイレノールAは、カロナールやロキソニンのような円形ではなく、長細い形をしているので、錠剤に慣れていない人は、少し飲みにくいかもしれません。
そして、タイレノールAのアセトアミノフェンの量は、病院で出してもらったカロナールと同じ300mgであると思われるのに、タイレノールAの方が、すっきりとは頭痛がなくなりませんでした。少しは抑えられていると思うのだけど、まだ少し気になるというくらいの効き目でした。

子どもの頭痛や発熱の時にも

子どもが小児科を受診すると出してくれる薬も、必ずカロナールです。それ以外の解熱鎮痛剤は出してくれたことがありません。
乳児の時も、出してくれた解熱鎮痛剤はカロナールの座薬でした。

様々な人の意見を聞きましたが、カロナールが一番副作用が少なく、授乳中でも安心な薬であるのだと思います。
せっかく母乳が出ているようですので、母乳をやめずに、頭痛をコントロールして、育児を楽しんでくださいね。

さくら

愛知県・42歳・女性
中学生と小学生の二人の子どもがいます。看護師、保健師として働いていた経験があります。子育てを通して、色々な悩みを抱えると、その都度、調べたり様々な人に聞いたりしながら解決し、自分も成長できているのではないかと感じます。何歳になっても、子どもに関しては、その年齢に応じた悩みがあるのだと実感しています。これからも一人で抱え込まず、色々な意見・知識を得ながら、自分自身も成長していきたいと思います。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply