母乳が夕方になると少なくなり泣いてしまいます。

母乳 夕方
[su_box title=”Q.母乳が夕方になると少なくなり泣いてしまいます。” box_color=”#fd7e89″]完母で育てるつもりでいましたが、実際のところミルクも母乳も大差は無いのでしょうか?[/su_box]

母乳とミルク。栄養的にはそれほどたいした差はないのかと思います。
それにこの二つにそんなに差があったらお母さんだって困りますよね。メーカーだって考えてるでしょうし。
たしかに、母乳で育てることはお母さんにとって大切なこと。でもそこに無理にこだわる必要はないと思います。
ただ、私自身も娘を育てた経験からいうとこの二つに明確に違いがある、と知ったのは赤ちゃんの消化の速さでした。
母乳は赤ちゃんにとっては消化が本当にいいのか、あっという間みたいです。

母乳は飲んでも飲んでもすぐに出す、すぐに求められる。

母乳は飲んでもすぐに出す
これってお母さんにとってはうれしいけど身体的に結構大変なことなんですよね。
飲ませてげっぷさせたと思ったらもうおむつを替えて、やれやれと抱きなおしたらもう次のおっぱい…これが延々。そりゃ、疲れます。

お母さんの母乳だって、材料が足りなければ枯渇します。それが「夕方になると少なくなる」ということなのだと思います。
それに対してミルクは、もう少しだけ消化がゆっくり。
だから飲ませた後、少しインターバルを開けることが可能です。お母さんがその間にご飯を食べて、自分のミルクタンクを補充する時間もできるはずです。

夕方の授乳の際、足りなそうだな、と感じたらすかさずミルクに切り替え、赤ちゃんが満足しているすきに夕食の準備、なんてこともできるかもしれません。
ただし、ミルクに変えるにあたり、一つ注意が必要なことがあります。
それは、一度母乳を覚えた赤ちゃんが、哺乳瓶の乳首を受け入れてくれるか、ということ。実はこれには私自身の体験があります。

あとでミルクを飲ませようとしても拒否することも?

ミルクを飲ませようとしても拒否
生後2か月のころ、あまりにも母乳を求める娘にできれば一度ミルクも飲んでほしい、と哺乳瓶を含ませたところ、娘は口に含んだ瞬間、思いきり嫌な顔をして「ぺっ!!」と哺乳瓶の乳首を力いっぱい拒否。以降、決して哺乳瓶をくわえようとはしなかったのでした。
慣れてくれればいいのですが、娘のように我が強い子だとこんなこともあるわけです。友人の子は普通に両方OKでした。
あと、赤ちゃん自体は「泣く」生き物です。多少は泣くもんだと腹をくくっておきましょう。特に夕方は「黄昏泣き」という言葉があるくらい、赤ちゃんは結構泣くのです。

本当に赤ちゃんが「母乳が足りない」と泣いているのか、うまく眠れなくて泣いているのか、おむつが汚れて気持ち悪くて泣いているのか、それともだっこやおんぶをしてほしくて泣いているのか。親であってもこれらの違いをすべて理解はできないと思うのです。

だってどんなに小さな赤ちゃんであっても自分とは違う生き物なのですから。
時折忘れがちになりますが、これは生まれてきた瞬間から厳然たる事実です。

赤ちゃんにだって個人差や個性はあります。それは母乳で育てられようがミルクで育てられようが実はたいしたことではありません。
これから成長していくにつれ、その違いをまざまざ見せつけられ、びっくりしたりがっかりしたりすることはあると思いますが、それらすべてまるごとひっくるめて「子育て」です。お母さんがまずおおらかな笑顔で愛を持ってそれらすべてを楽しんで子供と向き合うこと。これが一番大切。

人間の子は生まれて一年でものすごく成長します。だって首も座らなかった赤ん坊が、一年たつころには立って歩いて「パパ、ママ」とかいうようになるんですから。その成長速度ときたら、驚くばかり。写真を撮るたびに顔が違って見えるくらいです。
大きくなって「あんなこともあったのよ~」と笑って子供に教えられるような日がくることを想像しながら、今の「大変」を十分味わってください。人生で二度とない、貴重な経験をしているのは、ほかならない「あなた」です。

minaho

新潟県・46歳・女性
新潟在住の主婦です。現在絶賛就活中です(笑)。苦戦していますが、すでに生意気盛りになった娘にスマホを買ってやらなければ、と頑張っています。趣味は娘が卵アレルギーだった頃に覚えたマクロビスイーツ作りです。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply