母乳が足りてる時のサインを教えてほしいです。

母乳が足りてる時のサイン

母乳が足りてる時のサインを教えてほしいです。

こどもが生まれて2ヶ月経ちました。搾乳機で左右100mlほど出ているのですが、吸わせても上手く吸えないのか、すぐに泣いてしまいます。逆に飲んで満足したのか寝てくれることもあり、授乳後にベビースケールで測定してもよくわかりません。なんで泣いているのかがわかれば良いのですが。

母乳は、ミルクと違って、どれくらい飲んでいるかは、はっきりと分かりませんよね。

母乳を飲む前に体重を測って、母乳を飲んだ後おむつ交換する前に体重を計測して、これぐらい飲んでくれているかなって大体の計測が、分かります。が、体重計も最小表示20グラムの体重計だと母乳の量は、大体でしか分かりません。

この記事では、哺乳量がわからなくても大丈夫ということをまとめました。

体重を計らなくても母乳を飲んでいるかどうかが大事!

おっぱいを、しっかり飲んでいる時は、「ごっくんごっくん」と音をたてながら、飲んでくれます。

そして遊んで飲んでいる時はおっぱいを引っ張ってみたり、噛んでみたりとちょっと痛い思いをしてしまいます。

おっぱいに傷が出来たら、吸われたとき痛くて痛くて辛いという感情しか生れませんでしたが、シリコン製の乳首カバーをしてみたら、全く痛くありません。

ですので一度、シリコン製の乳首カバーをしてみたらいかがでしょうか?
上手く吸うことの出来ない赤ちゃんでも使用すれば「ごっくんごっくん」と吸ってくれます。

母乳が足りているときは、赤ちゃんはどんな状態ですか?

母乳が足りている時のサインは、赤ちゃんが満足している時、ぐっすり眠っていたり、何かの音に耳を澄ませていたり、穏やかな表情をしていたり、とその時はきっとお母さんも穏やかな、ゆっくりした時間が流れているのではないでしょうか?

また、母乳が足りている時は、大体1日の中で、母乳を8回ぐらい(3時間おきに)がとても辛いですが、夜中何とか頑張って起きて下さい。

オムツ交換(おしっこ6~8回、うんち3~8回)は、おしっこの時色が濃ゆくなく、薄ければ大丈夫だと思います。うんちは、黄色っぽい、カボチャのような色、緑色の時もあります。

体重増加18~30グラム位が、毎日順調にすくすく愛情たっぷりに育っている証だと思います。おおよそですので、体重があまりにも増加しない時は、必ず病院に受診して下さい。

赤ちゃんが泣くときは、理由によって声のトーンが違うのかも?

赤ちゃんが泣くときのサインは、色々な場面がありますが、オムツ、空腹時、かまってほしい等々・・・。
それぞれ泣き方が違いませんか?

私も息子が生まれたときに、「この泣いているサインは、何が足りないのか?」を何項目かに分けて「あれ~これじゃなかったか~・・・、じゃあこれかな?」って、赤ちゃんの足りないもの探しをよくしていました。それでも足りないものが、分からない時は、歌ってみたり、声掛けしながらマッサージをしていました。

何で泣いているのかわからない時、もう一つの理由として赤ちゃんの周りの環境はどうでしょうか?例えば兄弟がいて同時期に泣かれたり、食事の用意、洗濯、等々、母親のする事って何て沢山あるのでしょうか?

イライラするのは仕方ありません。子どもの寝顔に「ごめんね。怒ってしまって。」なんて思うのも当たり前です。だって人間だから、完璧な人なんていないと思います。悩んでいて誰かに相談して、愚痴を聞いてもらいながら、子どもと一緒に成長するのが、子育てだと思います。

だから私(母)が、言い過ぎたとか、間違えたことをした時は、必ず「ごめんなさい」って謝ります。

まとめ

子育ては、不安(何で泣いているのかな?何がしたいのかな?)が比例していると思います。
でも、不安になることは、しっかり育児したい!もっと大切に育てたい!と子どもの事を大切に想う母心だと思います。

それってとても素敵なことです。自分以外の事を大切に想う心は、まず自分の事を愛している大切にできるお母さんなんだと思います。

そんなに愛されている子どもは、とても幸せな人生を送ることができる子だと思います。お母さんは、

「あなたを育てるのにこんなにも沢山不安なことがあったんだよ、だけどこんなに大きく育ってくれてありがとう!」

って感謝の言葉を伝える事が出来るって思ったら子育てがますます、楽しくなると思います。

赤ちゃんが泣くのは、そのことが、お仕事かなって思います。すぐに成長してしっかりと言いたいことを話すようになりますよ。その為には、今の子供の姿を大切にしてあげて下さい。

みちみちよ

福岡県に住んでいる「みち みちよ」です。現在反抗期を過ぎた高校生の2人の息子と猫ちゃん2匹、犬1匹と亀1匹と、旦那と喧嘩あり笑いありで、人間らしく過ごしています。福岡県・45歳・女性

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply