母乳はげっぷをさせなくても良いんですか?

母乳育児げっぷ

母乳はげっぷをさせなくても良いんですか?

母乳の後はゲップをしない事があり、そのまま寝かせることがあります。そのことを友達に話すと、「母乳の後はげっぷさせなくても良いみたいだよ。」と言われました。

昔は『赤ちゃんに授乳させたら、げっぷが出るまで肩に顔を当てるように縦抱っこをして、小さな背中をとんとん叩いて待つのよ』と言われていたものですが。
実際には赤ちゃんの口の構造や、母乳や哺乳瓶を使ったミルクの飲み方によって、げっぷが出やすいかどうか、ということにも個人差があるのだと解ってきて、『げっぷをさせなければ』とはあまり強くは言われなくなってきたように思います。

げっぷが出る理由

どちらかと言うとげっぷが出やすいのが哺乳瓶を使ってミルクを飲む赤ちゃんですね。
どうしても、シリコンなどの柔らかい哺乳瓶の乳首と、赤ちゃんの唇との隙間から空気が入り込み、ミルクと一緒に飲み込んでお腹に入ってしまうので、げっぷが出やすいのだそうです。
母乳はその点、お口にお母さんの乳首が密着しやすいこともあって、上手に吸えるようになるとあまり空気が入り込まない、ということのようですね。

なので、母乳がしっかり出ていて、赤ちゃんが上手に飲めるようになると、授乳の後のげっぷにはあまりこだわらなくても良いのです。
ただ、母乳やミルクを飲んだばかりの赤ちゃんのお腹がある程度落ち着くまでは、縦に抱っこして背中をとんとんしたり、さすってあげると、赤ちゃんが安心して入眠出来る、ということもあります。
その成長の様子を見ながら、ほんの数分でも、そうした時間を持ってあげることは大切なのです。

授乳後の危険性

また、げっぷの有無を心配するのは、入眠時にミルクや母乳を喉に詰まらせる危険性を心配してのことです。
授乳後、すぐに横にして、お布団に下ろしてしまうと、胃から喉に液体が逆流して気管に入ってしまうことがあり、嘔吐や窒息という怖いことに繋がる可能性があるために、しばらくの間は縦にして抱っこしておくことがポイントになります。
赤ちゃんの胃袋は、大人のように大きくくびれていません。
食道から、胃の部分が少し太くなって斜めに傾き、腸に繋がっているだけです。
ちょっとした刺激で、胃袋から食道に逆もどりする危険性は、大人よりもはるかに大きいのです。
せっかく飲んだ母乳やミルクがお腹に入り、胃から逆流しない程度に落ち着かせてから横にする、というのは、げっぷを気にする以上に大切なことです。

ビブクロスって知ってますか?

また、げっぷさせる時に、大人の人が自分の肩にタオルなどをあてて赤ちゃんの顔を載せることがありますね。
これは赤ちゃんの繊細なお肌を守るため、ということと、もし赤ちゃんがげっぷをしても大人の人の服を汚さないためでもあります。
今では『ビブクロス』という便利なものが出来ました。
ジェリービーンズのような形をした、スタイの大きいものです。
赤ちゃんの襟もとに、スタイやケープのようにしても使えますが、大人の肩にかけると、そのラインにフィットしてタオルなどよりもズレにくく、もし赤ちゃんがげっぷをしても大人の人の服を汚す心配がありません。
2~3枚用意しておくと、お出かけの時にもいろいろに使えて便利ですよ。

いずれにせよ、あかちゃんはその成長とともにお口の構造が空気を飲み込みにくくなっていきますし、哺乳瓶にも慣れてくればあまりげっぷが出にくくなっていくものです。
母乳でも哺乳瓶でも、げっぷの出やすさ、出にくさには個人差も大きいことですし、げっぷの有無だけであまり心配する必要はなくなってきますよ。
ただし、前述のように、飲んだものを安定して消化できるよう、月齢の小さな赤ちゃんについては、授乳後しばらく縦抱っこしてあげましょう。
ほんの数分でも、赤ちゃんのお腹は落ち着きますし、精神的な部分でも安心してぐっすり眠ってくれますよ。
そうしたコミュニケーションは何カ月も続くわけではありません。
成長のひとつの段階の、短い間だけですので、気を付けて様子を見てあげてくださいね。

桜華

埼玉県・50歳・女性
息子が二人いて、ちょうど一年半違いで生まれました。一人目の母乳育児中に二人目を妊娠、出産、その後二年以上の授乳を経験しました。二人とも哺乳瓶を受け付けてくれず、母乳オンリーでしたので、家族に預けることもできず大変でした。しかし、今まででもっとも濃密に親子で過ごした時間は、彼らが成長した今となってはそれも家族にとって良い思い出、宝ものです。今もう一度同じことができるのなら、もっとうまく対応してあげられるのに、と思ってしまいます。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply