母乳点鼻薬をやったことがある方に聞きたいです。

母乳 点鼻薬

Q.母乳点鼻薬をやったことがある方に聞きたいです。
赤ちゃんがよくクシャミしたり、フガフガと息苦しい状態なのでやろうかと思っています。実際の効果や、医学的な根拠など、詳しい説明があると嬉しいです。

赤ちゃんは生まれてから半年くらいまでは、母親の免疫が残っていてあまり風邪をひかないと言いますが、それでもたまに風邪をひいたり、生後半年を過ぎて突然風邪をひくことが多くなったということがありますよね。
特に鼻水や鼻づまりはよく見られる症状ですが、そのたびに病院に連れて行くのも大変ですし、病院で違う風邪をもらってきてしまう恐れもあります。
赤ちゃんはその体の大きさに対して鼻水や涙などの分泌液が多く出ます。
赤ちゃんの鼻は小さいので鼻水や分泌液が詰まりやすく、横になっている時間が長いので簡単には外に流れ出てくれませんし、大人のように鼻をかむこともできません。
1歳未満の赤ちゃんはまだ呼吸の仕方が上手ではないので、鼻水や鼻づまりを起こしてしまう原因がたくさんあるのです。

赤ちゃんの鼻がつまっていると母乳やミルクをうまく飲めなかったり、眠りが浅くなって機嫌が悪くなってしまいます。
くしゃみばかりしていたり、常にフガフガと息苦しそうにしているとかわいそうですよね。
そんなときに試してみてもらいたいのが「母乳点鼻薬」です。
母乳点鼻薬とは、その名の通り母乳を点鼻薬のように赤ちゃんの鼻にさす方法です。

やり方は簡単です。
母乳を少ししぼって、仰向けに寝かせた赤ちゃんの鼻にスポイトなどで1~2滴ほどポトポトと入れます。
スポイトがない場合は、哺乳瓶の乳首を使ってもいいです。
母乳が入ったら、少し時間をおいてからティッシュペーパーや綿棒で拭きとってあげるだけです。
母乳の水分によって鼻くそもやわらかくなって取りやすくなるので、気になる鼻くそは取り除いてあげましょう。
点鼻してすぐに効果が現れるとは限らないので、一晩くらいは様子をみてあげてください。

なぜ母乳点鼻薬で鼻水や鼻づまりに効くのでしょうか?

母乳点鼻薬で鼻水や鼻づまりに効く
母乳にはさまざまな免疫成分が含まれているのはよく知られています。
「母乳を飲んでいると風邪をひきにくくなる」と言われることもありますよね。
その免疫成分が、赤ちゃんの鼻風邪にも効くと言われているのです。
また、鼻づまりは鼻の粘膜が炎症することで起こってしまいますが、母乳には抗炎症作用もあるので、鼻づまりの解消にもつながります。
間違って飲んでしまっても母乳ですからまったく害はありませんし、もちろんお金がかかるわけでもありません。
病院が休みだったり、夜中でも簡単にすることができます。

ちなみに「鼻に液体を入れるなんて痛そう!」と思うかもしれませんが、母乳はお母さんである人間の血液からできており、鼻の奥に入ったり喉に流れてしまっても、実際はそこまで痛くないようです。
また、水などと違って母乳は浸透圧が体液と同じくらいで、少し粘度があるため痛くはならないのです。

母乳点鼻薬をする際は次のことに注意しましょう。

POINT !

  1. 新鮮な母乳(搾ってすぐのもの)を使う
  2. 水やミルクはNG
  3. 一度に大量に入れすぎない
  4. 綿棒などで拭きとるときは、綿棒を鼻の奥まで入れすぎない、こすりすぎない
  5. 症状がよくならなかったり、鼻水や鼻づまり以外の症状が見られるなら病院へ

あくまでも自宅でできる応急処置のようなものなので、どの赤ちゃんも症状が改善されるとは限りません。
その場合は面倒くさがらずにすぐに病院に行くようにしましょう。
風邪の場合もありますが、部屋が乾燥したり埃っぽかったり、アレルギーなどの可能性もありますので、赤ちゃんがふだん生活する環境を見直すことも大切です。

以上が、母乳点鼻薬についての解説と注意点でした。
ちなみに母乳は鼻だけでなく、点眼薬や点耳薬としても使えるそうですよ。
それだけ効果が期待できて、赤ちゃんにとっても一番身近なもので安心して使えるということではないでしょうか。

たま

千葉県在住の2児の母です。子どもたちに手がかかる時期を少し過ぎたのですが、それでも予測できない子どもたちの言動・行動に圧倒されながら毎日育児に奮闘しています。 千葉県・35歳・女性

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply