母乳にぜんざいが良いよって言われました。

母乳 ぜんざい
[su_box title=”Q.母乳にぜんざいが良いよって言われました。” box_color=”#fd7e89″]もちと小豆の効果ってどんなものですか?[/su_box]

昔から和菓子やおはぎ、ぜんざいは母乳がたくさんでるので産後のお母さんはたくさん食べなさいといわれてきました。
それらが良いと言われるのはなぜでしょうか?

おもちの効果

おもちの効果
母乳にも味があるって知ってますか?
おいしい母乳を作るために最適なのはお米だと言われています。
逆にカレーや辛い食べ物を取るとあまりおいしくなくて赤ちゃんが嫌がったりもするそうです。
試しに色々な食事をした後に母乳をちょっぴり舐めてみると違いがわかりますよ。
昔から「おもちはおっぱいが良く出るから授乳中はたくさん食べなさい」と言われ、産後の手土産としておはぎは定番でした。
しかし近年では高カロリーな上におもちのねばねばが母乳の質をどろどろにし、乳腺炎になりやすくしてしまうという説が流れていますが、あまり関係ないとも言われています。
おもちはもち米をよくこねたりついたりして消化吸収されやすくなっているので、ブドウ糖がすぐに生成されます。
そのため母乳がたくさん作りだされるので、もともとおっぱいが十分にでている人や詰まりやすい人には向いていないかもしれませんが、おっぱいがあまり出ない人や足りていないと感じる人にはうってつけです。

小豆の効果

小豆の効果
小豆の栄養価は高く、古来中国では薬として用いられていたほどだそうです。
母乳は何から作られているか授乳中のお母さんたちはもちろんご存知とは思いますが、これはお母さんの血液から作られています。
授乳中は立ちくらみが激しかった方も卒乳すると改善されたなんて話も良く耳にしますが、赤ちゃんがたくさんお母さんのおっぱいを飲んでいる証拠でもあるんですね。
小豆には鉄分が多いので血液の供給量を底上げし母乳の量を増やす手助けをしてくれます。
さらに、小豆はカリウムが多く利尿作用があります。
その効能は昔から「むくみに小豆汁」といわれていたほど。
利尿作用があるってことは、母乳に必要な水分がどんどん出て行っちゃうって事じゃないの?逆に出にくくなるんじゃないの?と思うかもしれませんが、カリウムは日常生活でとりすぎることはめったにないので問題ありません。
授乳中、赤ちゃんに母乳をあげて一気に水分が失われるとそれを補おうとして体がたくさん水分を蓄えようとするのですが、それを上手に排出するように促してあげないと、どんどん体がむくんでしまい、とてもつらいです。
上手に水分バランスをとることが大切ですが、赤ちゃんのお世話で慢性的睡眠不足、不規則な生活の中それをこなすのはなかなか難しい。
水分バランスが崩れてくるとおっぱいも詰まりやすくなってしまいます。
おっぱいが詰まってカチコチになるのは痛いし、赤ちゃんもうまく吸えなくて本当にしんどいですよね。
それをうまくコントロールしてくれるのがカリウムなんです。
また、血中濃度を下げて血液をサラサラ綺麗にしてくれるサポニンが入っているので乳腺炎予防にぴったり!
母乳成分に必要な葉酸も含まれています。
さらにはごぼうの3倍の食物繊維があり、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく含まれているので産後ダイエットにも最適です。

ぜんざいを食べよう

小豆を積極的にとるようにすると質が良い母乳をつくることができます。
絶え間なく続く育児にお母さんたちは疲労困憊。
授乳中でも甘いものがどうしても食べたくなる時ってありますよね。
でもクリームなどの洋菓子はだめでも、ぜんざいなら小豆たっぷり、水分もとれるし、暖かいので母乳に良いことづくめです。
できれば上白糖は体を冷やすので、黒砂糖などにすると更に効果的。
おもちは体質によって詰まりやすかったりするので気になる人はちょっぴりだけにすると良いですね。
ちょっと息抜きにあたたかいぜんざいで体をあたためつつおいしい母乳をキープしましょう!

おもち

東京都・32歳・女性

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply