母乳にはちみつは影響しますか?

母乳にはちみつは影響

母乳にはちみつは影響しますか?

離乳食でもはちみつは1歳未満は食べさせてはいけないと言われていますが、なぜそう言われているのでしょうか?

はちみつの乳児への影響について、最近至るところで取り上げられています。
その理由のひとつとして痛ましい事故があったのを覚えているでしょうか。数年前、一歳未満の乳児がはちみつ入りのジュースを毎日のように飲んでいたことで死亡する事故がありました。当時大きく報道されたので記憶に残っている方もいらっしゃるかもしれません。亡くなった子のおかあさんははちみつの影響についての知識がなかったとのことで、これを機に市町村の離乳食指導や子育てセンターに至るまで一歳児未満のはちみつ禁止に関して注意換気がなされました。また、食品の表記についてもはちみつの有無が書かれているものが増えてきています。
そもそもはちみつが乳児に悪影響を及ぼすのは何故なのでしょうか。それははちみつ内に含まれているボツリヌス菌であるというのがわかっています。

ボツリヌス菌とはなにか?

ボツリヌス菌とはなにか
ボツリヌス菌とは食品に含まれる菌の一種で量を適正に使用すれば、治療で固まった手足を伸ばすことができたり、美容の分野ではシワ取りに使われています。これはボツリヌス菌にある筋弛緩作用というものです。これとは別に神経毒の作用があります。乳児がこれを摂取すると毒素が体内にまわり、心臓の働き等に影響を及ぼすと言われています。

では大人は良くて、なぜ乳児はボツリヌス菌が体内に入ってはいけないのでしょうか?それは消化器官の発達が関係しています。ボツリヌス菌は人間の体に入ると消化器官で消化し無毒化されるようになっています。それに比べて乳児はままだ消化器官が未発達のため無毒化出来ず、体内にまわるようになってしまいます。

ボツリヌス菌は母乳に影響するのか?

そこで気になることがでてきます、一歳未満の乳児と言えば、まだまだおかあさんのおっぱいが恋しい時期。母乳をあげている方も多くいると思います。そんな中、おかあさんがはちみつを食べたらそれが母乳に入って子どもに悪影響を及ぼさないのかと不安になる方もいるてましょう。結論を言えばそれは「大丈夫です」ということになります。

まず母乳はなにからできているのでしょうか。それは血液です。はちみつをおかあさんが食べた場合、前述の通り消化器官で解毒され無毒化するためにまずほとんど血液には入ってきません。したがって、母乳を乳児に飲ませたところでそれが悪影響を及ぼすことはないのです。

子育て中は思い通りにならない育児にストレスがたまり、甘いものを食べて一息つきたいということがあります。はちみつ使用の商品は自然な甘さのものも多く、おやつの時間にピッタリてす。臆することなく食べて母乳もどんどんあげてくださいね。

他にも注意すべき食品がある

他にも注意すべき食品がある
さて、ボツリヌス菌というのがでてきましたが、はちみつ以外の食品で気をつけるものはないのでしょうか?他に代表的なものとして黒糖があげられます。給食ではコッペパンに、最近ではカフェでも黒糖を使用したスイーツやラテなどがあるところが増えてきていますね。
離乳食を食べさせる時期に砂糖を使うことはあまりないとは思いますが、心に留め置いてください。

それでも処理の仕方で食べさせることが出来ないのか?という意見もあると思います。
家庭での食中毒防止というとまず加熱があげられますが、ボツリヌス菌には実に様々な種類があります。それも耐熱性のものであったり、滅菌できるものでも加熱温度が120℃以上であったりしてなかなか家庭で完璧に滅菌するというとはとても難しいのが現状です。やはり一歳を過ぎるまでは使用を見送った方がいいと考えます。
子育ての一年は本当にあっという間です。気がついたらもう食べられる時期になっていたというようになるかもしれません。お子さんの消化器の発達を待って美味しくはちみつを食べられる日を一緒に待つことにしてみましょう。

のうえ

神奈川県・31歳・女性
牛乳と唐揚げとブドウが大好きなイヤイヤ期真っ盛りの娘を育てている一児の母です。最近は娘の寝たあと紅茶を淹れて読書するのが最大のリフレッシュ方法です。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply