母乳にりんごが効果的らしいですが、どんな効果がありますか?

母乳にりんごが効果的
[su_box title=”Q.母乳にりんごが効果的らしいですが、どんな効果がありますか?” box_color=”#fd7e89″]先日、実家の母から「母乳を出すためにりんごが良い」と言われました。たしかに健康に良さそうですが、実際はどうなのでしょうか?[/su_box]

妊娠中の食事制限が終わり、やっと好きな物が食べれる!と喜ぶお母さんも多いと思います。でも、母乳が赤ちゃんに与える影響をご存知ですか?母乳はお母さんの身体で、お母さんの食べた物で作られます。そのため、お母さんの食生活が大切となってきます。
そこで、「好きな物が食べたい、甘い物が食べたい、でも乳腺炎になったら怖い」と思われるお母さんにお勧めなのが「りんご」です。
私は、両親がりんご園を営んでいるため、小さい頃から沢山りんごを食べて育ちました。生まれた子供達も母乳から離乳食とりんごの旨さをしっかり味わって育ちました。今回は、りんごの効果と授乳中に食べると良い点をお伝えしたいと思います。

りんごの効果

・カリウムが体内から塩分を排出してくれます。
・食物繊維が腸の働きをよくして消化吸収を助けてくれます。
・ビタミンCが免疫力をアップしてくれます。
・クエン酸とリンゴ酸が疲労回復を助けてくれます。
・ペクチンが腸内の善玉菌を増やし腸内を整えてくれます。

このように、沢山のりんごの効果が、授乳中に食べることでより多くの良い効果を及ぼします。

授乳中にりんごを食べると良い点

・食物繊維が豊富なので、便を柔らかくして便秘解消につながります。
・どうしても甘い物が食べたいという衝動を適度に解消してくれます。
・大きめに切り、しっかり顎を使って噛むことで食べ過ぎを抑えることができます。
・ビタミンやミネラルが豊富なので風邪知らずの強い体になります。
・身体を温めてくれるので母乳が出易くなります。

私も、授乳中も良くりんごを食べていました。田舎から段ボールいっぱいに送られてくるので、買わなくて済みました。
授乳中は水分が母乳と共に赤ちゃんに流れてしまうので、便秘がちになります。でも、食物繊維が豊富なりんごのおかげで毎日ちゃんとお通じがありました。身体に老廃物が溜まらないので肌艶も良くなりましたよ。りんごは、すぐに食べなくてもいいことも利点ですね。ちょっと涼しい所に保管しておけば1~2週間長持ちしますよ。

効果的なりんごの食べ方

1日1個 皮ごと食べると良いです。1日半分程度では、あまり効果がありませんし、2個食べてしまうと逆に糖分の摂りすぎで乳腺炎になってしまいます。
りんごの皮は、コレステロールや中性脂肪を低下させ、ガンや生活習慣病をする効果を持つ「プロシアニジン」、活性酸素を除去し血管を若返らせてくれる「エピカテキン」、視力の改善や眼精疲労を予防する「アントシアニン」と言った栄養素がたっぷり詰まった部位なんです。
でも、普通は皮を剥いて食べることが多いですよね?皮ごと食べて表面についた農薬が母乳に影響無いか心配と思われることもあると思います。りんごは広い農園で作られスーパーで売られることが大半なので、農薬を使われていることがほとんどだと思います。購入されたら、しっかり洗ってから食べた方が良いですね。

CHECK ! 【農薬を落とす方法】

  • 酢や塩で洗う
  • 酢や塩には残留農薬などの有害物質を排出させてくれる効果があります。りんごを酢や塩を入れた水に一緒に漬けると良いです。

  • 食費用洗剤で洗う
  • 野菜や果物・調理器具用と書かれた洗剤を使い、りんごをゴシゴシ洗うと良いです。

  • 重曹で洗う
  • 重曹水を作ってりんごを入れ数分おいてから水で洗い流すと良いです。

「りんご1個で医者いらず」
「りんごが赤くなると医者が青くなる」

など、りんごに関することわざは幾つもありますね。りんごを食べると医者要らずというのは昔から言われています。
そのまま食べても良いですが、ニンジンなど野菜と一緒にジュースにしても美味しく飲むことができますね。主食にはなりませんが、あくまで副食として毎日の食事に加えてみてはいかがでしょうか?

額紫陽花

大阪府・41歳・女性

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply