母乳の後にみかんを食べさせたら下痢になりました。

母乳の後にみかんを食べ
[su_box title=”Q.母乳の後にみかんを食べさせたら下痢になりました。” box_color=”#fd7e89″]なぜですか?[/su_box]

みかんは身体を冷やすと言われていて、冬場に妊婦の時、産院で助産師さんに「みかんの食べ過ぎはダメだよ〜」と言われた事があります。
それと同じように母乳育児のお母さんがみかんを食べて母乳をあげたり、月齢が上がってきて母乳を飲ませた後にみかんを食べさせた場合、大人より分解や吸収の機能が未発達な赤ちゃんだと、みかんのビタミンCでお腹が緩くなり下痢を起こす事があるかもしれません。

POINT !

  1. ビタミンCは水溶性です。
    汗やおしっこなどで体外へと排出されていく成分で体内では作る事が出来ません。なので、食べ物などで補ってあげる必要があるのですが、ビタミンCも取りすぎなければ風邪の予防にも赤ちゃんのいいですね。
  2. ビタミンCのサプリメントには注意!
    美容や健康のためにビタミンCのサプリメントを飲む方もいると思います。少量ですが母乳に移行します。お子さんの月齢や体調など個人差がありますが、お母さんの食べたみかんや、飲んだサプリメントが影響して下痢を起こす事もありますので気をつけてみてください。しかし、便秘の赤ちゃんには少量ずつ食べさせてあげると便秘解消につながる食べ物なので、決して赤ちゃんや母乳に害がある食べ物ではありません。
  3. 離乳食で使えるということも。
    みかん自体は食物繊維も少なく消化しやすい食べ物なので赤ちゃんの離乳食に向いている食材です。手に入りやすい食べ物なので食べさせるお母さんは沢山いらっしゃると思います。
  4. ビタミンCは肝臓で分解されます。
    同時に肝臓に負担がかかる成分でもあります。多く取りすぎると、ビタミンCを上手く分解出来ず下痢を起こしたり嘔吐をする子供もいます。

よく風邪をひいた時はみかんを食べない方が良いといいますよね?
身体を冷やし分解に時間もかかり負担になります。
聞いたことが無かったお母さんも是非今度からお子さんが体調が悪い時は分解や消化吸収機能が弱っているのでみかんやみかんジュースは控えてあげてください。

また、みかんをたべさせた後に起こる下痢についてはいくつかあります。

CHECK !

  • みかんのアレルギー反応
  • みかんのアレルギー反応に関しては他にも口腔内に赤みや腫れが出たり他の部位にも症状が出る可能性が高いので赤ちゃんをしっかり観察してください。

  • みかんの食べ過ぎや消化不良
  • 食べ過ぎや消化不良の可能性が高い場合、まずは消化しやすい様に薄皮は剥き中のみかんだけを食べさせてあげると良いのですが、スプーンで少し潰してあげたり、食べやすく飲み込みやすい様にして少量から始めてみてください。
    不安な方は少し温めてからあげると良いです。
    また果物などの食材を温めてから食べさせる場合、アレルギー反応が減ると聞いた事もあります。
    (みかんやりんごやバナナなど温めてから食べさせる方がアレルギー反応が出にくいそうです。)

  • みかんを食べた事よる身体の冷え
  • みかんは身体を冷やす食べ物の仲間です。大人と赤ちゃんでは身体の大きさも内臓の発達度合いも違います。
    少量ずつを心がけ食べさせ過ぎに注意してください。

  • 胃腸が受け付けなかった
  • 胃腸が受け付けなかった場合は嘔吐もあると思います。出てきたものがどの程度消化されているのか確認して小児科を受診してみてください。

  • 食中毒やその他の原因

母乳の後にみかんを食べたから下痢をしたというわけではないと思います。お子さんの体調が良い時に少量ずつからスタートしてみてください。
不安が大きい方は一度アレルギー科のある小児科を受診してアレルギー検査をして貰うといいと思います。
生後4ヶ月くらいから検査をしてくれる所もありますので相談されてみると良いですね。
これから離乳食を進めていくのに心強いかもしれません。

7cat

愛媛県・31歳・女性

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply