母乳は炭水化物で出る量が決まりますが・・・

母乳 炭水化物

母乳は炭水化物で出る量が決まりますが・・・

産後に太ってしまったので、肉や野菜中心の食事にしたいです。ですが母乳はちゃんと出したいので何かいい方法がありましたら教えてください。

産後ダイエットのために炭水化物を控えたい!でも母乳もたくさん出してあげたい!

産後は予想以上になかなか体重が戻らないものです。
私もつわりの時期から「食べづわり」だったのもあり、初期のころからかなり体重が増えてしまいました。
後期に体重管理をしっかりしたので、ぎりぎりプラス10㎏にはおさまりましたが、
それでも産後直後はなかなか思うように体重が減りませんでした。

まずは太りにくい炭水化物に置き換えてみましょう

太りにくい炭水化物に置き換えて
単純に炭水化物を控えるわけにもいかないと思うので、まずは、炭水化物を 「太りにくい炭水化物」に置き換えてみてはいかがでしょうか。
具体的には、白米や餅、パスタなど炭水化物にはいろいろありますが、玄米に変えてみましょう。
玄米は太りにくい性質を持っているといわれています。
これなら、同じ量を食べても消化がゆるやかになるので、血糖値の上がり方もゆるやかになります。

生活リズムの見直し

生まれたての赤ちゃんとの生活は予想以上に大変かと思います。
昼も夜も関係ない生活になっているかと思いますが、食べてからすぐに寝るのは消化の負担にもありますし、太りやすい体質にもなってしまいます。
まとまって食べるのが難しければ、少しずつの量を1日数回に分けて食べるのも効果的かと思います。

食事内容の見直し

食事内容の見直し
肉や野菜中心の食事といっても、料理の仕方によっては母乳の出を悪くしてしまうこともあります。
代表的なことは、脂っこい料理です。
味の濃いもの、脂っこいものは血液がドロドロになってしまうので、母乳の出も悪くなります。
飲んだことがないのでわかりませんが、母乳の味も悪くなってしまうようです。
かわいいわが子にはおいしい母乳をたっぷりと飲ませてあげたいものです。
なので、野菜や肉を蒸したものをポン酢で食べたり、できるだけあっさりとしたものを摂取するようにするといいと思います。
私も最初は母乳の出が悪かったので、料理内容をあっさりしたもの中心にしていました。
また、天然のだしの味がしっかりしみ込んだものであれば、調味料も少なくて済むので、これから待ち受けている離乳食の練習にもなっていいと思います。

産後も運動をかかさずに!

産後も運動をかかさずに
産後すぐは激しい運動はしないほうがいいですが、1ヶ月検診が終われば、徐々に日々の生活に運動を取り入れるのが、母乳のためにも.産後ダイエットにも効果的です。
血液の循環もよくなるので、母乳の出がよくなります。
手軽に始められる運動はやはりウォーキングだと思います。
赤ちゃんを連れて近所を少し散歩するだけでも違ってきます。
私も1か月間は家に引きこもっていたので、かなり体力が落ちてしまい、最初にウォーキングに行ったときはほんの数分でヘトヘトになってしまいました。
でも、毎日少しずつ散歩に出かけていると、気分もはれてきますし、体力も少しずつ戻ってきます。
肩こりの軽減にもつながり、母乳もそのころからよく出るようになりました。
家でもストレッチをするなど、簡単なことをするだけでも違ってくるので試してください。

産後ダイエットには「母乳をたくさん飲んでもらうこと」が重要

私は産後2カ月目くらいのころから、母乳ミルク混合から完全母乳にすることができました。
そのおかげで、摂取したカロリーはすべて母乳のほうへいくのか、そのころから体重がみるみる落ちていきました。
急激に落ちるのは母乳の出に影響するのでよくありませんが、私の場合は半年くらいで妊娠前の体重・体型に戻りました。
むしろ体重は少ないくらいです。
とくに何かやったわけではありませんが、やはり母乳をたくさん飲んでくれるとそれだけダイエットにもつながるようです。
赤ちゃんと二人三脚で育児・ダイエットを頑張ってください。

marimama

兵庫県・32歳・女性
兵庫県在住の専業主婦です。現在、1歳の子どもの育児真っ最中、2人目を妊娠中です。なかなか子供が生まれてから旅行に行けていないので、2人目が生まれたら家族4人でゆっくり温泉でも行きたいです。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply