母乳卒業後、子どもにグラタンを食べさせたら蕁麻疹が出ました。

母乳 グラタン
[su_box title=”Q.母乳卒業後、子どもにグラタンを食べさせたら蕁麻疹が出ました。” box_color=”#fd7e89″]乳製品は徐々に慣らしていきたいのですが、アレルギーも気になります。他の方はどうされているのか、アドバイスをお願いします。[/su_box]

蕁麻疹をお母様が確認された時点で、速やかに「子供の意識を確認」「かゆがっていないか」「どこに蕁麻疹が出ているのか」「グラタンには何を材料として使用していたのか」「グラタンを食べておよそ何分後に出現して、何分後に消失したのか」「嘔吐はしていないか」「そのほかの症状はみられないか」を確認されたうえで、「子供の蕁麻疹の写真をとる」などして、すみやかにアレルギー専門病院へ受診されてください。

現代では、地域のクリニックでもアレルギーを専門とした病院であれば、採血のみ・30分ほどでお子様にどんなアレルギーがあるのかをスクリーニング(精査)してくれる検査機器を取り入れている医院もあります。(こちらは必ず事前に医院に電話などで確認されてから受診してください。また機器の都合で、診療時間終了30分前は検査できない→翌日受診という注意もある可能性があります。必ず、事前に確認を)
まずは、お子様に蕁麻疹が出現した場合、速やかに病院へ受診し、医師に相談するようにしましょう。

乳製品は徐々にならしていきたい

乳製品は徐々にならしていきたい
乳製品もアレルギー検査を受診したうえで、医師に相談されてください。
万が一、乳製品でのアレルギーが確認された場合、「徐々にならす」とされていても、個人判断は非常に危険です。
食品アレルギーが確認された場合、そのスコア(アレルギーのレベル)によって入院施設のある病院での「アレルギー負荷検査」(入院して、アレルギー食品を医師の漢詩の元、少しずつ摂取し、どれくらい摂取した時点でアレルギーが症状が発生するのかを確認する検査)を勧められる可能性もあります。
2歳半になる私の娘はアレルギー検査により極少量の「卵白アレルギー」がでましたが、検査入院などは進められず、医師の指導の元、少しずつ「加熱した卵の黄身を少量ずつ摂取」し「半年後に再診」という形で、少しずつ耐性をつけていきました。
おかげ様で一年後には「卵白アレルギー」は検査上消失し、今では普通に卵食品も食べています。
しかし、お子様がアレルギー持ち、となるとお母様としては「私の母乳せいでは」や「妊娠中に乳製品を食べすぎたから、母乳から子供につたわってアレルギーがでたのでは…」と不安になりますよね。
そんな不安な気持ちも、すべてひっくるめて専門機関に相談されてください。
決して、1人で悩まないようにされてください。

アレルギーも気になる

アレルギーも気になる
「グラタン」で蕁麻疹をおこしたからといって、必ずしも「グラタン=乳製品」とは限りません。
グラタンには「乳製品」の他にも、「小麦粉」もありますし、そのほか「グラタン」の材料によってはその他のアレルギーの可能性もあります。しかし、こちらもアレルギー検査を受診することで、何に対してアレルギーがどの程度あるのかわかるようになっているので、何らかの傾向が見られた場合受診することをおすすめします。
また、現時点でアレルギー症状がなくとも、お子様に初めて食べさせる食品は必ず「平日の昼」にたべさせるようにさせて下さい。
なぜかというと、万が一アレルギー症状が発生した場合、すぐに医療機関に連れていく必要があるからです。
休日ですと、救急診療になりますし、待ち時間もかなりのものとなります。アレルギーの専門医がいない場合も多く、満足に対応できない可能性が高いからです。
また、「卵」「乳製品」「小麦粉」など、主要アレルギー要素になりえる食品は、グラタンなどの多くの食材で作る料理で提供するのではなく、まずは、少ない材料からできた食品を食べさせることで、アレルギー要素の特定もしやすくなります。
お子様が小さいうち、母乳を卒業して離乳食を確立させていく段階の時は、常に食べている時のお子様の様子、表情、食べているもの、時間に気を配るようにしてお子様の安全を最優先にしていきましょう。

まとめ

最後にまとめになりますが、お子様にアレルギー症状が出現したからといって「母乳からアレルギーの要因となる成分がお子様に伝わった」という因果関係は医学的に証明されていません。
小児のアレルギーに関してはいまだ研究段階で、「母乳」「妊娠中のお母様の食生活」、「遺伝」などが必ずしも原因とは言い切れません。
なので、お母様は自分を責めずに、まずはお子様の安全を考えて、落ち着いて行動されてください。
また、1人で悩みを抱えず周りに相談されるようにしてください。アレルギーのあるお子様を持つお母様は多く、ネット上での意見交換も多く見られます。
育児は不安だらけですが、悩みを共有して、少しでも楽しくお子様と過ごしていきましょう。

伊達いよ

福岡県・31歳・女性
はじめまして。現在2歳半の娘を子育て中の、看護師です。妊娠中のため、現在休職しております。子育ては大変ではありますが、家族こそが最高の宝物だと感じています。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply