母乳育児に関する献立について教えてください。

母乳 献立

母乳育児に関する献立について教えてください。

お米やパンなど穀物中心の食事をしていますが、帝王切開のためかあまり母乳が出ません。

最近ではおモチも乳腺がつまりやすいとかで、何が良いのか悪いのかがわからなくなりました。

とはいえ、母乳だけで育てたいと考えていますので、母乳に関する献立を最新情報と経験も含めて教えていただけると助かります。

産後、母乳で育てたいと思っても、なかなか母乳が出ない!と悩むママも少なくありません。母乳が出る仕組みについて理解しておくと、どういった点に注意したらよいのかが見えてくるでしょう。母乳はお母さんの血液から作られます。母乳には2つのホルモンが関与しています。母乳をつくるホルモンであるプロラクチンと、母乳を出すホルモンであるオキシトシンです。赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激(吸てつ刺激)によって、これらのホルモンの分泌が増え、母乳がたくさん作られるようになります。

母乳がでないのは帝王切開だからとは限りません

 よく、「帝王切開だからおっぱいがあまり出ないのでは?」と心配になるママもいます。たしかに、帝王切開による傷口の痛みによって授乳がおっくうになり、赤ちゃんがおっぱいを吸う機会が少なければ、母乳があまり作られなくなってしまいます。しかし、傷口の痛みをコントロールしながらママが頑張って頻回に授乳を行えば、母乳はたくさん作られるようになるでしょう。最初はママも慣れないので、おっぱいの吸わせ方、抱き方などでとまどうことも多いと思いますが、おっぱいが出なくても赤ちゃんに「吸わせる」ということがとても大切になってきます。

母乳と食事の関係について

母乳と食事の関係について
 母乳と食事の関係についてお話しすると、母乳の栄養は、さほどママの食事内容に影響は受けませんが、影響するのは母乳の味です。たとえば、ママが高脂肪高たんぱく、糖分の高い食事を摂っていると、高濃度の母乳が作られます。赤ちゃんによっては、そのような母乳を嫌う子もいます。母乳の味や質の変化で赤ちゃんがあまりおっぱいを吸ってくれないことで、母乳の分泌が減ってしまうことになります。

 それでは、母乳で育てたい場合、食事の面でどのようなことに気を付けていったらよいでしょうか。お米やパンなどの穀物は、母乳を作るために必要なエネルギーとなり、水分も含まれており、消化も良いため授乳中に積極的に摂取していきましょう。食べすぎには気をつけてくださいね。また、ゴボウや大根、人参などの根菜類や豆類なども良いとされています。特に豆類には、炭水化物やたんぱく質のほかにビタミンやミネラルなども豊富に含まれています。肉や魚もバランスよく取っていきましょう。食事を摂る際に気を付けるのはママの体を冷やさないこと。母乳はママの血液なので、ママの体を適度に温め、血液循環を良くすると母乳もよく出るようになります。

実際のレシピは?

実際のレシピは?
 私は現在、8か月の娘を母乳で育てています。献立例を挙げますと、朝はごはん・納豆・ほうれん草の胡麻和え・焼き鮭です。昼は炊き込みご飯・味噌汁です。夜はけんちん汁、ごはん、鶏ハム、肉じゃがです。揚げ物はなるべく食べないようにしています。野菜はサラダで摂るよりも、けんちん汁などの汁物にたっぷり入れてとると体が温まります。また炊き込みご飯に、根菜類やキノコ、鶏肉などを入れてそのまま炊飯器で炊き上げると簡単ですしたくさん栄養も取れてヘルシーなのでおすすめです。調理するときには、肉や魚も揚げるのではなく、焼いたり、ゆでたり、炊いたりしてカロリーが高くならないような工夫をするとよいでしょう。あとはこまめに水分をとることが大切です。ジュースより水やお茶を積極的にとっていきましょう。

 また、授乳中は、餅や赤飯は避けるようにしましょう。もち米は、母乳を詰まらせてしまいます。私は、出産祝いにいただいた赤飯をうっかり食べてしまったことがありました。次の日乳房が岩のように固くなってしまい、乳腺炎になってしまったことがあります。出産祝いでそういったものを食べる機会もあると思うのでくれぐれも注意してくださいね。

 私自身、出産後におっぱいがなかなか最初は出なくて「本当に母乳育児ができるのだろうか」と不安になりました。おっぱいが出なくても赤ちゃんに吸わせることを続けていき、先ほど挙げた献立を中心に栄養バランスに配慮した食生活を続けた結果、母乳がたくさん出るようになりました。授乳をしているとお腹が空きます。私は、赤ちゃんからエネルギーを吸い取られているような感覚があって、よく甘いものや高カロリーのものが食べたい!と思っていました。どうしても食べたいときには我慢しなくていいと思います。ただ自分の中で食べるのはこれだけというふうに決め、基本の食生活は上のような献立を参考にしていただくとよいと思います。ママがストレスをためることはよくないので適度に息抜きをしながら、母乳によい食生活を心がけていきましょう。

こうちゃん

茨城県・30歳・女性
2人の娘の育児をしています。30歳の主婦です。最近仕事復帰をしました。看護師、保健師、助産師の免許を持っています。よろしくお願いいたします。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply