母乳育児中に寿司を食べてはいけない理由。

母乳寿司

母乳育児中に寿司を食べてはいけない理由。

先日、夫の家族とお寿司を食べにいきました。
その話を実家の母にすると、「母乳に影響するから控えた方がいい。」と言われました。

たしかに、水銀、アニサキス、ビブリオなどなど、挙げればキリがないくらい理由はあるのですが、実際そこまで気にすることなのでしょうか?
お寿司や生魚が好きな方、是非教えてほしいです。

授乳中のお寿司は本当にダメ?

やっと出産して『食べたいものが食べられる~!』と思ったのに、授乳中にはやっぱりまだまだ制約が多い、と嘆くお母さんは沢山いらっしゃいますね。
自分は大丈夫だと思っていても、親世代に真顔で注意されたり、ネットで心配な記事を読んでドキッとしたり。
さて、そのなかでも微妙なところで判断に迷うものが”お寿司”です。

海産物だと水銀など海洋汚染の重金属とか、ドキッとするワードも沢山あります。
しかし、そうしたものに関しては、それ以前の食生活を鑑みても、毎日大量に食べるわけでなければ問題はない、と言われています。

たまの外食や自分へのご褒美という程度にお寿司を一人前食べたところで、それほど大きな影響があるわけではありません。
よって、それほどに心配して『絶対に食べてはいけない』というようなものはないのです。

ただ、食べる時に注意しておくことはありますので、それらをピックアップしていきましょう。

乳腺への影響

海産物でもトロやアナゴ、青魚など、脂肪分が多いものがあります。
こうした脂質が多いネタは、生クリームなどと同様に、乳腺炎を起こしやすい人にとっては避けた方が安心です。

また、そうした脂肪分が多めの魚については、摂取した後に母乳の味や匂いが変わりやすいともいわれています。
そんな時には慣れない味や匂いに赤ちゃんが反応して、飲みづらい様子がでることもあるかもしれません。もし食べてみた場合にはその日の授乳時に様子を見てチェックしてみましょう。

心配な場合には母乳を飲ませる前に軽く絞って次々出てくる新しい母乳を飲ませてあげてもいいですね。
それでもやっぱり『食べたいな』と思う時には、母乳のコンディションと栄養のバランスを整えるためにも、お寿司を食べる前後の食事について、品目の数や質を見直して置くことも大切です。

食中毒に注意!

生物を食べるということで、実はもっとも注意すべきは食中毒です。
中には寄生虫のアニサキスや腸炎ビブリオ、さらにノロウィルスなどの危険性があり、生命の危機に直結する場合もあるからです。

これらは生の魚を食べることにより体内に入った菌やウィルス、そして寄生虫によって発症し、下痢や嘔吐、激痛、脱水症状といった症状を引き起こします。

産後~授乳期のお母さんたちは睡眠不足と蓄積疲労などにより体力が衰えていることもあり、普通の人では発症しないレベルの少量でも酷い症状を引き起こす場合があるので、より一層の配慮が必要なのです。

この場合には少量の生の魚などでも発症してしまうこともありますので『調子が悪いなぁ』と思われるときにはお寿司を食べることを控えておいた方が安全ですね。

そのような症状が出ている場合には、赤ちゃんに授乳しているどころではなくなりますし、実際、母乳も美味しくないはずです。

症状を早く収めるために入院、投薬治療ということにもなりますので、完全母乳の赤ちゃんにとってはより一層危機的状況になります。
親世代の方が『お寿司を食べることが母乳に影響する』とご心配されるのは、こうした総合的な判断によるものと考えれば、納得がいくのではないでしょうか。

”ご褒美”程度に食べてみましょう

私自身は、お寿司によって母乳がひどく影響を受けたという経験はありませんが、殆ど無意識に体調が悪い時には生物を食べないという選択をしてたように記憶しています。

体調が良くて、食欲が旺盛なコンディションの時に『ちょっとだけ贅沢!』とご褒美程度にお寿司やいろいろなものを食べるのは、『心の栄養』として良いことだと考えます。

なんでも「良い/悪い」とバッサリ分けてしまうのではなく、いろいろなものを少しずつ試して、産後の身体をご自身で監察してみれば『これくらいなら食べても大丈夫』という自身にもつながるはずです。
どうせなら、好きなものを美味しく食べたいですよね。

その美味しいものが、自分の体を通して赤ちゃんの栄養にもなっていくのですから、毎日の授乳も楽しくなりますよ。

桜華

埼玉県・50歳・女性
息子が二人いて、ちょうど一年半違いで生まれました。一人目の母乳育児中に二人目を妊娠、出産、その後二年以上の授乳を経験しました。二人とも哺乳瓶を受け付けてくれず、母乳オンリーでしたので、家族に預けることもできず大変でした。しかし、今まででもっとも濃密に親子で過ごした時間は、彼らが成長した今となってはそれも家族にとって良い思い出、宝ものです。今もう一度同じことができるのなら、もっとうまく対応してあげられるのに、と思ってしまいます。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply