母乳と紅茶について。

母乳と紅茶について。

コーヒーがダメなのは知っていますが、紅茶もやはりダメなのでしょうか?緑茶はダメなんですよね?

妊娠中はもちろん、授乳中にもコーヒーや緑茶を飲むのは良くないとよく聞きますよね。
ハーブティーは身体にも母乳にもよさそうなイメージだけど、紅茶ってどうなんだろう?って思ったことがありました。
紅茶もティーだし、ハーブティーみたいに授乳中飲んでもいいのか、紅茶もお茶だから緑茶と同じで、あまり飲まない方がいいのか迷うママもいるかもしれませんね。
授乳中も妊娠したと同じく、カフェインを控えた方がよいみたいだけど、実際のところどうなのか、飲んでよいなら、どれくらいの量が適量なのか、いつ飲めばよいのかなど、紅茶と母乳の関係についてまとめてみました。

授乳中の紅茶や緑茶はNG?! カフェインの影響

緑茶や紅茶が好きな人にとっては、授乳中もできるなら飲みたいですよね。
でも、カフェインは母乳に影響があるみたいだし心配ですね。

授乳中のママがカフェインを取ると、ママの母乳を飲んだ赤ちゃんは、カフェインの影響で、グズったり、寝付きが悪くなったり、夜に目が冴えてしまって夜泣きしてしまったりすることが考えられます。そのため、授乳中のママは、なるべくカフェインは摂らないようにと言われているいるのです。

では、ママがカフェインを摂ってしまった場合、どれくらいのカフェインの量が赤ちゃんへ取り込まれてしまうのでしょうか?
母乳を介して赤ちゃんに取り込まれるカフェインの量は、ママが摂ったカフェインの1%ほどだと言われています。
なので、大量にがぶ飲みしなければ、実は、基本的にコーヒーも紅茶も緑茶も飲んでも大丈夫なのです。

紅茶がよくないと言われる理由はタンニン!

コーヒーは、カフェインが強いイメージがありますから、できるだけ飲むのを控えようと思っているけど、紅茶や緑茶はコーヒーより、カフェインが少ない気がするし、実際、どうなんでしょうか?見ていきましょう。

CHECK !

      カフェインの量と飲み物

    • エスプレッソ:280mg
    • 玉露:120mg
    • インスタントコーヒー:40mg
    • ココア:30mg
    • 抹茶:30mg
    • 紅茶:20mg
    • 緑茶:20mg

上の表を見てわかるように、コーヒーよりは少ないですが、緑茶も紅茶も100mlあたりのカフェインの量は同じ20mgです。なので、コーヒーと同じで、水のようにがぶ飲みしなけれは、授乳中のママでも、たまの息抜きに紅茶や緑茶を飲んで大丈夫なのです。

ただ、紅茶には、タンニンという成分がカフェインの他にも含まれているんです。
このタンニンは、鉄分と結びついて、タンニン鉄という成分になり、鉄分が体内に吸収されにくくなる作用があります。そのため、鉄分が身体の中から排出されてしまいます。

母乳で育児をしているママは、授乳だけでも貧血になりやすいと言われているので、カフェインだけでなく、タンニンも含まれている紅茶は、なるべく飲まない方がよいと言われているのですね。

ティータイムは適量で楽しもう!

コーヒーの場合でも、1日に2~3杯程度なら問題ないといわれていますので、紅茶や緑茶の場合は、6~9杯程度なら飲んでしまっても大丈夫という計算になります。
でも、これはあくまでも計算上のことですし、やっぱり母乳を通して赤ちゃんの身体にもカフェインが取り込まれることを考えるると、1日に3杯くらいが安心して飲める量かと思います。

カフェインの量が体内で半分になるまでにかかる時間は、5時間ほどだと言われているので、もし気になるのでしたら、紅茶は授乳した後に飲んで、次の授乳まで5時間ほど間隔を開けると、赤ちゃんへの影響もほとんどなく、ママも紅茶を楽しめると思いますよ。

飲みたいのを我慢する方がストレスになってよくないかもしれません。
授乳中のママも、たまには美味しい紅茶を飲んで、リラックスできるといいですね。

ママレード

大分県・49歳・女性
大分県出身の主婦ママレードといいます。小学生の息子がいるママです。息子も母乳で育てました。この記事が新人ママたちのお役に立てれば嬉しいです。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply