母乳が湧くタイミングについて教えていただけますか?

母乳 湧く

[su_box title=”Q.母乳が湧くタイミングについて教えていただけますか?” box_color=”#fd7e89″]差し乳のため母乳が湧き出す回数が少ないためかよく泣きます。こういう場合はどうしたらいいのでしょうか?よろしくおねがいします。[/su_box]

私は二人の子供を完全母乳(以降は完母とします)で育ててきました。しかし完母に至るまでは苦悩がありました。
母乳育児に悩めるママたちに、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

授乳は完母が当たり前?

授乳は完母が当たり前
多くの産院や自治体では、マタニティスクールなど妊娠中に産後の赤ちゃんとの生活を学ぶ機会があると思います。
私も一人目のときは産院でのマタニティスクールに参加して、赤ちゃんとの授乳を想像しては心待ちにしていました。
そこは母乳育児を推進する産院だったのもあり、『赤ちゃんが生まれてすぐ初乳が出る』『赤ちゃんが吸えば吸うほど母乳が沸き出る』と教えられ、生まれた瞬間から母乳は沸き出るものだと信じていました。
実際、赤ちゃんが生まれてすぐは初乳が出たので、これから完母で授乳できる!と嬉しくなりました。
しかし、完母への道は簡単ではなかったのです。

完母は無理?ミルクに頼るべき?

完母は無理ミルクに頼るべき
初乳が出たことにより、完母への期待が膨らみました。
しかし実際に3時間おきの授乳が始まると、段々と母乳不足を感じました。
私の赤ちゃんはおっぱいを口に含ませると2,3分は吸い付くのですが、すぐに離してギャン泣き。
また、母乳不足なのか授乳時間が終わっても泣き続け、ミルクを飲まないと寝てくれない事も。

「周りの赤ちゃんは大人しく飲んでいるのに、なぜこの子はこんなに泣くの?」
「母乳を飲んだはずなのに、ミルクをゴクゴク飲むのは母乳不足なの?」

母乳では満足していない様子が気になり、だんだん授乳が憂鬱になりました。
それに、周りのお母さんたちは母乳が出すぎて胸が張って辛いと言っていましたが、私は張ることも少ない。
すごく惨めで涙がでそうになりました。
そんな私の様子を見かねた助産師さんが声をかけてくれて、「完母でなくてもいい」と声をかけてくれて、肩の荷がすっと降りたような気持ちになりました。

母乳が沸き出るようにするためには

落ち込んでいた私に、助産師さんはある3つの事をアドバイスしてくれました。

それは、

POINT !

  1. 食事、休息をしっかりとること
  2. マッサージやおっぱい体操
  3. 授乳を楽しむ

というとてもシンプルな事でした。
しかし自分の行動を思い返すと、どれもきちんと行っていない事に気がつきました。

  1. 食事、休息をしっかりとること

  2. 妊娠中の体重増加を早く戻そうとして入院中の食事を少し控えていました。
    水分もあまり取っておらず、温かいものを意識的に飲むようにしました。
    (・30分に1回は、一口でもいいからお茶を飲む
    ・授乳前後はコップ1杯分は水分を摂るなど)
    また来客も多かったのでゆっくり寝る事も少なく、産んでからもよく動き回っていました。

  3. マッサージやおっぱい体操

  4. 妊娠中に切迫気味でおっぱい体操を禁止されていたため、産後に行うのをすっかり忘れていました。母乳が沸き出るためには欠かせないことだと教えられ、その日から授乳前にはしっかり行うようにしました。
    肩や腕をぐるぐる回して、おっぱいを根本から両手で挟んで上下左右に動かすという簡単なものだったので、続けやすかったです。

  5. 授乳を楽しむ

赤ちゃんがおっぱいに吸い付くと、母乳が沸くように出てきて、ミルクを足さなくても満足そうに寝てくれるようになりました。
憂鬱だった授乳が、赤ちゃんとのコミュニケーションをとる楽しい時間へと変化した瞬間でした。
すると不思議なことに、少しずつですが母乳が増えるようになってきたのです。

混合育児から完母へ

混合育児から完母へ
5日間の入院生活で完母を諦めかけましたが、助産師さんのお陰で「完母でないといけない」という概念を捨てることができました。
また、退院してからも食生活や休息、体操をしっかり行うことを心がけました。
気持ちが軽くなったせいか、母乳も沸き出るようになり、赤ちゃんも段々とミルクの量が少なくなってきました。
生後1ヶ月を過ぎる頃には、混合から完母へと移行することができ、本当に嬉しかったです。
一度は挫折しかけた完母でしたが、諦めずに頑張って本当に良かったと思います。
「完母でなければならない」「母乳は勝手に沸き出る」などと強く思い込むのではなく、まずはリラックスして授乳を楽しんでほしいと思います。
お母さんがリラックスすることが、母乳が沸き出る第一歩へと繋がると、私は信じています。

ゆうこす

大阪府・26歳・女性
大阪府在住のアラサー主婦です。もうすぐ3才になる娘と生後4ヶ月の子供がいます。好きな食べ物は納豆うどん、やみつきキュウリ、アイスクリームです。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply