母乳の湯煎方法について教えてください。

母乳 湯煎方法

母乳の湯煎方法について教えてください。

あまりおっぱいから飲んでくれないので、搾乳して哺乳瓶で与えています。

冷蔵庫で保存した母乳を与えることもあるのですが、冷やした時と湯煎した時に栄養素が壊れるかどうかが心配です。適切な湯煎方法について教えてください。よろしくおねがいします。

母乳を出すタイミングと、赤ちゃんが飲みたい時間がずれていたり、母乳が大好きでミルクを受け付けない赤ちゃんを誰かに預けなければならない時など、さまざまな理由で、搾乳した母乳をパックに入れて冷凍する、という手段は昔からポピュラーに行われてきました。
冷凍した母乳を適宜解凍して人肌に温め、哺乳瓶で飲ませることによって、おっぱいから直接飲むのとほとんど変わらない状態の栄養を赤ちゃんに与える、という、それはあかちゃんへの思いやりと愛情のある行いです。

しかし、せっかく大切に保存した母乳も、与える時のプロセスが間違っていると栄養分が損なわれたり、衛生状態が悪くなったりしますので、注意が必要です。
まず、その保存方法から解凍、特に湯煎に関して考えてみましょう。

母乳の冷凍保存について

母乳の冷凍保存について
基本的に、搾乳した母乳はすぐに専用の母乳パックに入れて密閉し、冷凍保存します。
赤ちゃん用品のメーカーがその研究により使いやすいサイズのパックを開発・販売していますが。これも、説明書を読んで正しく使わないとせっかくの母乳が無駄になってしまいます。
まず、清潔な手で作業をしましょう。雑菌が入ったら赤ちゃんがお腹を壊してしまいます。作業する場所も用具も同様に、アルコールのスプレーや専用の消毒液で清潔な状態を保っておくことも大切です。
搾乳し、母乳をパックに入れたら手順に従って密閉し、冷凍庫に保存します。
金属のプレートなどにパックを平たく整えて並べ、冷凍庫に入れておくと、より一層早く冷凍され、栄養素が安定したまま保てるようになります。
その際にも、パックに日付と時間を記入し、タッパーなどに順番に入れておき、先に搾乳したものから飲ませるように保存方法を工夫するとより安全です。

冷凍保存した母乳パックを解凍するときには短時間で解凍し、適温に温めて飲ませなければなりません。その際に注意べきことは、電子レンジは絶体に使ってはならない、ということです。慌てて電子レンジに入れて加熱すると、密閉していた母乳パックが急速に膨らんで破裂したり、大切な栄養分が破壊されたりするのです。

基本的には常温の環境に出して解凍するか、急ぐ場合にはボウルなどに入れて流水解凍しましょう。流水の中で軽くもむようにするとすぐに柔らかくなり、液体に戻ります。常温の場合も長時間放置するのは危険です。目の届くところできちんと管理して解凍しましょう。
この際にも、確実に密閉されているとを確認してから作業することが大切です。

母乳の湯煎解凍方法について

母乳の湯煎
湯煎にかける時の温度は40度前後です。
母乳は通常の体温だと36~37度の身体から出てくることになりますので、その程度に温められていれば赤ちゃんは安心して飲むことが出来るでしょう。また、それ以上の温度は母乳の栄養素を破壊してしまう可能性があります。
湯煎に使うお湯の温度の測り方ですが、特に温度計を必要とするようなものではありません。
一般的にお風呂のお湯で心地よいとされているのが40~42度とされていますので、温めのお風呂くらいの温度のお湯を作ればそれで丁度良いと考えます。

まず解凍して液体に戻った母乳を哺乳瓶に移して乳首をつけておき、それを適温のお湯につけましょう。
プラスチック製よりガラス製のものの方が熱伝導率が良いのと、重量があって湯煎にしたときに安定しやすいと考えられていますが、使い勝手の良いものならどちらでも大丈夫です。
時々哺乳瓶をゆらしながら温度を均一にしていき、5分から10分程度温めてあげれば、湯煎の作業は完了します。
その時の母乳は人肌に近い温度の状態なので、栄養素もそれほど壊れることもなく、赤ちゃんは美味しく飲むことが出来るでしょう。

冷凍母乳の取り扱いは、手早く、しかし慌てることなく落ち着いてやれば、誰にでも簡単に出来ることです。
搾乳機や母乳パックの取説をきちんと読んで、赤ちゃんに美味しくて安全な母乳を飲ませてあげましょう。

桜華

埼玉県・50歳・女性
息子が二人いて、ちょうど一年半違いで生まれました。一人目の母乳育児中に二人目を妊娠、出産、その後二年以上の授乳を経験しました。二人とも哺乳瓶を受け付けてくれず、母乳オンリーでしたので、家族に預けることもできず大変でした。しかし、今まででもっとも濃密に親子で過ごした時間は、彼らが成長した今となってはそれも家族にとって良い思い出、宝ものです。今もう一度同じことができるのなら、もっとうまく対応してあげられるのに、と思ってしまいます。

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply