母乳をジップロックで保管しようと思いますが大丈夫ですか?

ジップロックで保管することは避けた方が良い

衛生上の問題から見て、母乳をジップロックで保管するのはやめたほうが良いと思います。
母乳パックはきちんと滅菌処理がされていて徹底した品質管理がされています。病参院で推奨されている母乳パックもあります。赤ちゃんに少しでもデメリットがあるなら、やはりジップロックより母乳パックの方が良いでしょう。それにジップロックに入れたとしても、開け口が広いのでこぼしやすくなったり、空気中の菌が入りやすかったりデメリットが多いです。
母乳パックは扱いやすい構造になっているので、初めてでも使いやすいです。空気も入りにくく持ち運びも便利です。使用するときは必ず手を洗い清潔を保つようにしましょう。

母乳パックの使い方

母乳パックはコンパクトサイズで開け口も小さく、冷凍したあと解凍するのもやりやすいです。解凍するときは必ずぬるま湯で。母乳パックが変質するとかではなく、熱湯だと母乳の栄養成分が損なわれる可能性があるからです。時間がある時は水から解凍するか、冷凍庫から出して冷蔵庫に入れ直す方が良いでしょう。
母乳が出すぎる時などに冷凍保存しておくと、実家に預けた時や事情があって誰かに赤ちゃんを預けた時などとても役立つと思います。お仕事をされているママさんで昼間搾乳できないという時、母乳パックが役立ちます。
有名メーカーのピジョンやカネソンなどは普通のドラッグストアで売っていますので購入しやすいと思います。

母乳パック、お手頃価格で手に入れたい!

母乳パックは値段が値段が高いと感じるかもしれませんが、お仕事をされているママさんなど毎日定期的に使わなくてはいけないという方を除けば、使う回数はそんなに多くないと思います。またネットショッピングされる方は、ネットで安く買えたりします。オークションや、フリマアプリで新品未開封のものも安く売っています。フリマやオークションの場合は信頼できる方を選ぶようにしましょう。

搾乳するときの注意

母乳パックに母乳を入れる時に搾乳するときは、手で搾乳する方が自分の力加減ででき、負担が少ないです。血流も良くなるので乳腺炎なども防げます。
その場合も手はきちんと洗い、蒸しタオルで乳輪乳頭部を優しく拭きます。胸の全体から乳頭部へゆっくりもんでいき母乳を搾乳します。ここで注意する事は、同じ動きだとそこに偏ってしまいしこりができてしまったりするので、いろんな方向から搾乳した方が良いという事です。負担を避けるため、20分程度の搾乳が良いです。
搾乳機で搾乳する場合は手動と電動のものがあるので、これも自分に合ったものを選びます。その場合も搾乳機は清潔に保ちます。
また、搾乳は赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらう事に比べ、母乳の出が悪くなってしまうと言われています。経験談ですが、自分もそうでした。搾乳していた時はやはり「吸ってもらう」という刺激が脳にいかない感じで、量が少なくなっていきました。なので搾乳ばかりではなく時間があればやはり赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらう時間を作った方が良いと思います。その方がお母さんもリラックスできたりすると思います。赤ちゃんがおっぱいを吸っている姿は、やはり幸せな気持ちになります。

母乳がでる期間を楽しみましょう

母乳をあげている期間は、長いようであっという間です。自分の胸の中で赤ちゃんがおっぱいを吸いながら眠りに落ちる…なんて幸せな時間はそんなに長くありません。永遠に続くようで、数年しか味わう事が出来ない貴重な時間です。
辛いかもしれませんが、それもまた赤ちゃんとの特別な時間です。そんな時間を大事に、そして快適に過ごしましょう!

ノンカフェ

北海道・38歳・女性
はじめまして。旅行と食べる事が大好きなノンカフェと申します。我ながら楽観主義ですが、育児の時はネガティブ満載でした(笑)そんな経験がお役に立てれば幸いです。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply