母乳をレンジで温めるにはどれくらいが目安ですか?

母乳 レンジ

Q.母乳をレンジで温めるにはどれくらいが目安ですか?
またレンジを使うと免疫が破壊されるという話も聞いたのですが、実際はどうなのでしょうか?

母乳の安全な取り扱いについて

母乳の安全な取り扱いについて
母乳を搾乳して冷凍するのは昔からよく行われている方法です。また、それを保育園などに持っていき、解凍して飲ませてもらうというのも、母乳にこだわって育児をされているお母さんならよくされることですよね。自分も一人目の時には溢れるほどの母乳の量だったので、搾乳して冷凍というのは馴染みのあるやり方です。しかし、レンジを使った記憶がありません。その当時ご指導いただいた助産師さんの影響だと思いますが、彼女は自然解凍、または冷蔵庫で解凍させたものを、ぬるま湯の湯せんで人肌より少し温かいくらいにして飲ませることを推奨していたので、自然とそのやり方に倣っていたように思います。

当時聞いたお話ですが、母乳を電子レンジで温めることは、その大切な成分が破壊されてしまう心配と、専用の母乳パックなどを用いている場合に、レンジで急速に内圧が上がって破裂してしまうこともあるから、やらない方が良いのだと聞きました。今ではレトルトカレーなど、そのまま電子レンジで加熱出来る専用のパックがありますが、あれはきちんと気圧が上がった蒸気が抜けて破裂を防ぐように作られているのであって、自分で詰めるような簡易的なパックではせっかくの母乳も無駄になってしまう可能性もあるので、できれば時間をかけて解凍するのが安全です。

母乳の適切な解凍方法とは

では、「どうしたら安全に解凍できるのか?」ということですが。
自然解凍か、時間があるなら冷蔵庫で解凍、急ぐのであれば流水で解凍するという方法になります。凍っていた母乳が滑らかな液体に戻ったら、前述のとおり、ぬるま湯で湯せんにして、人肌より少し温かい程度にして哺乳瓶に移し、すぐに飲んでもらいましょう。いずれも扱う人の手を洗っておくこと、解凍する間に置いておく場所をアルコールのスプレーなどできれいにしておくこと、流水解凍するときに入れる器なども奇麗な状態のものをつかうことが大切です。そこで雑菌が付いてしまったら、せっかくの母乳が台無しなのです。
また、解凍する時間にも注意が必要です。冷蔵庫での解凍は長時間忘れたりしなければ問題なく飲ませることができますが、自然解凍で常温に置いた場合には、解凍したらすぐに人肌に温めて飲ませることが大切です。また、最後の湯せんも長時間では、パックの中やその湯に雑菌が繁殖してしまう可能性もありますので、手早く作業して赤ちゃんの口に入るようにしていきましょう。
当たり前ですが、使う哺乳瓶の衛生管理もミルクと同様に行うことが大切です。このように、普通に母乳を飲ませたり、ミルクを作って飲ませるよりも多少手間がかかりますが、慣れてしまえばそれほど大変とは思わない程度の作業です。もし家族や誰かに預けて冷凍した母乳を飲ませてもらうのであれば、こういったプロセスをきちんと説明し、実行してもらうようにお願いしておきましょう。

搾乳から保管まで

さて、まず母乳を搾乳して冷凍するプロセスがしっかりしていないと、安全な冷凍母乳は作れません。きれいに洗浄した搾乳機で絞ったものをすぐに母乳専用のパックに入れて密封し、冷凍庫に入れるのですが。その時にはパックの表面に日付と搾乳時間を記入しておきましょう。完全に冷凍されたら、冷凍庫内のタッパーなどにまとめて保管し、先に冷凍した日付のものから順番に飲ませるように心がけることが大切です。いくら冷凍されたからと言って、永遠にその母乳の成分の品質が保てるというわけではないからです。母乳はお母さんの身体から外界に出た瞬間から成分の劣化が始まると考えてよいでしょう。なので、出来るだけ時間をおかず順番に飲んで消費させていくことが大切なのです。

難しく考えることはありません。頑張りすぎることもありません。
少しの手間で、お母さんにも一人で動ける時間が出来、さらに赤ちゃんにも美味しい母乳が飲める、そのためにちょっとしたコツが大切なのです。

桜華

息子が二人いて、ちょうど一年半違いで生まれました。一人目の母乳育児中に二人目を妊娠、出産、その後二年以上の授乳を経験しました。二人とも哺乳瓶を受け付けてくれず、母乳オンリーでしたので、家族に預けることもできず大変でした。しかし、今まででもっとも濃密に親子で過ごした時間は、彼らが成長した今となってはそれも家族にとって良い思い出、宝ものです。今もう一度同じことができるのなら、もっとうまく対応してあげられるのに、と思ってしまいます。 埼玉県・50歳・女性

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply