母乳パッドが破れてゼリー状のものが乳首に付着していました。

母乳パッドが破れてゼリー

[su_box title=”Q.母乳パッドが破れてゼリー状のものが乳首に付着していました。” box_color=”#fd7e89″]授乳の後に気づいたので赤ちゃんの口に入ったかどうか心配です。こういった経験されましたか?[/su_box]

どのママも1度は目にしたり、経験があるかもしれませんが、母乳パッドのが破れてしまったり、間違えて一緒に洗濯をしてしまうと中からゼリー状の物が出てきます。洗濯してしまうとオムツ同様とてもやっかいですよね。気をつけていても私自身何回洗濯してしまったか分からないほど経験しています。このゼリー状の物が誤って赤ちゃんの口に入ってしまったとなればママもとても心配ですね。母乳パッドについて、誤飲について頭に入れて置くべきことをご紹介します。

母乳パッドとは?

授乳中のママは授乳時以外にも母乳が出てしまう事があったり、吸わせていないもう片方のおっぱいから母乳が出てしまったり、
外出で授乳が出来ない時、洋服を汚さない為、または乳首の保護の等にも母乳パッドが利用されています。

母乳パッドの交換

母乳パッドは2~3時間置きに交換するようにしましょう。
授乳時に交換すると、授乳前におっぱいが汚れていないか、状態も確認出来ます。
ですが良く母乳の出る方ならもう少し早めの交換を心がけた方が良いでしょう。
胸の大きめの方は大きいサイズの母乳パッドもありますのでそういったものを利用した方が漏れが少なかったり、持ちが良かったりします。

母乳パッドの中身は?

お使いの母乳パッドによって変わってくるとは思いますが、ゼリー状態になっていたものは吸収剤で、

・高吸収水性ポリマー、パルプ
・綿状パルプ、高分子吸水材、吸収紙、

等が使用されています。(メーカー様によって異なる。)
電話相談や病院へ行く場合はパッケージを確認する、もしくは実物を必ず持って行きましょう。

母乳パッドの会社の見解は?

安全性の高い物で作られている為、少量の誤飲であれば大丈夫。体内に吸収されずに便として排出されます。
※しかし膨張する素材の為、大量に摂取した場合は水分を控え病院に相談へ。とあります。

どの会社も少量であれば大丈夫という説明がされています。赤ちゃんの誤飲の量によっても対応が変わってくるのでよく確認しましょう。
ゼリー状になっているのはもう膨張した後と考えられますのでそのことも伝えましょう。

まずは赤ちゃんの様子を確認してみましょう。

CHECK !

  • 呼吸が苦しそう
  • 顔が青白い
  • ぐったりしている
  • 痙攣
  • 明らかに様子がおかしい

こんな時は悩まずに救急車を呼びましょう。

未然に防ぐことが大切

未然に防ぐことが大切
赤ちゃんは自分で自分の身を守れません。どの誤飲の場合もママが未然に防ぐことが大切です。
母乳パッドをこまめにかえたり、授乳前におっぱいをチェックしたり、ふき取りをしてから授乳をする、ママがしてあげれる事はあります。
また、赤ちゃんが動き回る月齢になれば、交換した母乳パッドはすぐに捨てるか、新しいものは手の届かない場所に保管してください。
「こんなものは食べないだろう。」と思っていても、赤ちゃんは何でも口にしてしまいます。赤ちゃんの過ごせるお部屋の環境作りをしてください。

誤飲ということ

誤飲はその時は大丈夫でも、数分後、数十分後、どうなっているか分からないという事を忘れないで下さい。
元気にしているから大丈夫。いつもと変わらないから様子を見よう。
そう思わずに、誤飲した物、誤飲した量、子供の命に係わる事もあります。後から大袈裟と言われても良いので、相談出来る場所にすぐ確認しましょう。
その場合、誤飲したもの、誤飲したであろう時間、誤飲した量を伝えれるようにしておきましょう。

万が一の場合は相談をすること

万が一の場合は相談をすること
心配なようでしたら、誤飲について相談出来ます。
私も子供の誤飲で「中毒110番」を利用したことがありますが、丁寧に今するべき事を教えていただけます。
後日、その後大丈夫ですか?と折り返しの電話もあります。
診療時間であれば、かかりつけの小児科に相談しても良いですが、
休日や診療時間が終わっている場合等は小児救急電話相談や中毒110番を利用してみてください。

小児救急電話相談 ♯8000(携帯電話・スマートフォン)
固定電話からはお住いの地域により番号が異なりますので事前にお調べください。
中毒110番 072-727-2499(大阪)029-852-9999(つくば)

いつも目に見える場所に緊急時の連絡先を張っておくといざという時に調べたり探し回る時間を短縮できます。
こういう時はママもパニックになっているので事前に用意しておく事が大切ですよ。

CHR

兵庫県・31歳・女性
はじめまして。3人の子供を育てている兵庫県の主婦です。 数年アパレルのお仕事を得て、前職は子供服の販売員しておりました。 趣味は写真撮影です。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply