母乳相談室で授乳の練習方法を教えてもらいましたが吸ってくれません。

母乳相談室で授乳の練習方法

母乳相談室で授乳の練習方法を教えてもらいましたが吸ってくれません。

母乳相談室で授乳の練習方法を教えてもらいましたが吸ってくれません。練習用に乳頭保護器を被せて吸わせているのですが、直になると、うまく吸えないのか泣いてしまいます。搾乳すると母乳がたくさん出るためできれば吸ってほしいですが、どうしたら良いのでしょうか?

乳頭が小さめ?

乳頭が小さめの方は、赤ちゃんが母乳を吸うために口に含める部分が足りないことが考えられます。
乳頭保護器は本来、文字通り乳頭を保護するための器具です。
乳頭に傷があったり、吸い方の強い赤ちゃんに母乳をあげる時に痛みを軽減する為のものです。
母乳をあげる時に、乳頭保護器をつければ上手に飲めるのであればお母さんの乳頭が小さいか伸びが悪くないかを確認してみて下さい。

乳頭が小さいまたは、伸びにくい場合

乳頭が小さいまたは、伸びにくい場合
赤ちゃんも、はじめから吸い方が上手なわけではありません。母乳を吸う力が弱かったり、小さめで生まれた赤ちゃんであれば大きく口を開けられなかったりもします。
新生児の場合であれば、初産の場合ほとんどの赤ちゃんが直接母乳を飲むことは難しいのではないでしょうか?
産院から哺乳瓶に搾乳して、「赤ちゃんが飲めた量を記録してくださいね」なんて言われた方も多いのではないでしょうか?
心配ありません。最初は赤ちゃんも母乳を飲む練習が必要です。出産後、赤ちゃんの体重が減るのもそのためです。
お腹の中にいた頃はへその緒を通して常時送られていた栄養が、生まれた途端に母乳からしか栄養を取れなくなるためです。赤ちゃんはおなかが空いたら泣きますよね?お母さんも、なんとか母乳をあげたいと躍起になるでしょう。
でも、焦ることはありません。母乳をあげるお母さんも母乳を飲む赤ちゃんも練習が必要なんです。
上手に飲めない赤ちゃんには搾乳をして飲ませてあげてください。直接飲ませたいストレスと戦う必要はありません。赤ちゃんはお腹が空いているんです。今、やるべきことは赤ちゃんのおなかが空いた!という訴えに応えてあげることです。
赤ちゃんが眠っている間、すこしずつ乳頭のマッサージをしてみてください。
乳頭だけではなく、赤ちゃんに母乳をあげているところをイメージしながら、引っ張ってみてください。
産後、おっぱいは急激に張り始めます。少し痛いかも知れませんが、搾乳後に乳頭をつまんで痛すぎないくらいに引っ張りましょう。徐々に、おっぱいの張りは赤ちゃんのお腹が空いたタイミングで張る様になりますので、心配は要りません。乳りんの辺りまでもみほぐしながら引っ張って、伸びるように練習してください。乳頭が小さすぎる方は、無理をせず保護器を使ったり搾乳して飲ませることをおすすめします。
絶対に直接母乳をあげなくてはならない決まりはありません。大切なのは、赤ちゃんに食事を与えてあげるということです。必要以上にストレスを感じる必要はありません。

直接母乳をあげてみる

おっぱいが目いっぱい張っている時は、事前にマッサージをしてあってもあまり意味がありません。おっぱいがカチカチになるほど張っていた場合、全部を飲みきれるわけはありませんし、ドンドン溢れてしまえば、赤ちゃんがのみきれずにむせてしまうことも良くあります。焦らずに、おっぱい全体を包むようにしてマッサージをし、少し搾乳をして柔らかくなったところで赤ちゃんに母乳を飲ませてみてください。あかちゃんの口になるべく深めに含ませて上げてください。
大人でも、ストローで飲むときさきの方だけ口にふむとかなりの吸う力が必要です。ある程度、舌の中ごろまで含むと吸いやすいですよね?赤ちゃんも一緒です。
乳頭が短かったり小さいと、練習やマッサージをしても難しいのはこんな理由からです。
赤ちゃんが上手に力強く吸ってくれることに越したことはありませんが、様々な理由が重なり思うように母乳をあげれないことも少なくありません。他人には聞きづらい内容であることも確かです。

無理はしない!鉄則です。上手に母乳をあげられなくてもお母さんが赤ちゃんにやってあげるべきこと、愛情のかけ方は山のようにあります。
母乳を直接上げることに囚われないことが、最大の秘訣ではないでしょうか。
保護器が合っても、赤ちゃんの温もり、感じられますよね?

ふわり

岩手県・40歳・女性
16歳の息子と10歳の娘を育てている、兼業主婦です。二人とも大きくなり、自分のことは自分で!がモットーの我が家でもまれながら暮らしております。今だから話せる、今だから笑える、子供達からそんな経験を沢山させてもらいました。子供がいない生活は考えられないですね。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply