母乳育児中ですが、蒸しタオルは効果がありますか?

母乳育児蒸しタオル

Q.母乳育児中ですが、蒸しタオルは効果がありますか?
出産から一ヶ月経ちますが、母乳の出が悪くて悩んでいます。先日、スマホで母乳をたくさん出すにはどうしたら良いのかを調べていたら、「蒸しタオルを使えば・・・」ということが書かれていました。胸を温めるだけで母乳が出るようなのですが、実際にはどれくらいの効果があるのでしょうか?

蒸しタオルの効果とは

私は、2人の娘を育てています。1人目は完全母乳で、2人目はミルクとの混合で育てました。1人目のとき、私も産後1ヶ月は母乳があまり出なかったので悩んでいました。乳房を温めるとよいということを知ってから蒸しタオルを使って温めるようにしていました。電子レンジで1分ほど、水に濡らしたタオルを温めてそれを乳房に当てていきます。熱すぎるとやけどしてしまうので、皮膚に当てても熱くない程度に冷まして、当てるようにしていました。当てる時間はだいたい5分~10分ほどですね。意外とすぐに冷めてしまうので、その都度温めなおすようにしていました。タオルをまるめた状態で、当てる場所を替えたり、広げて乳房全体を温めたりとやり方はいろいろと試してみました。それを授乳の30分前くらいにやるようにしていましたね。なので1日にできるだけ何回かはやるように心がけていました。温めると、血液循環が良くなるようで、母乳も温めないときよりは出るようになりました。寝る前にやると一番効果がありましたね。横になること自体が、体の血流が良くなるため、寝る前に温めておくと授乳のときに母乳がよく出るようになりました。あとは、乳房だけでなく、肩や胸回り、脇などの周辺も温めるようにすると母乳が出やすくなるかもしれません。私も乳房とその周辺をできるだけ温めるようにしていましたが、乳房だけ温めるより効果は実感できていました。軽くストレッチをしながらやると、より効果的だと思います。授乳や抱っこをしているとついつい猫背になってしまったりして、姿勢が悪くなってしまいます。その結果肩が凝ってしまいますが、肩凝りは母乳の出にも影響するそうです。私は肩をくるくると時計回りに数回、反時計回りに数回ずつ回したり、肩甲骨を開いたり閉じたりといったストレッチを合わせて行っていました。ストレッチを併用しつつ蒸しタオルで温めるようにしてから、1~2日くらいで効果を実感することができましたよ。ストレッチを行い、肩やその周辺の血流を良くすることで、乳房への血流も良くなり、母乳が出るようになるんですね。また、リンパなども流れていて、ストレッチをすることで神経の圧迫が解消され、母乳を出すための女性ホルモンの分泌もよくなると言われています。

色々な方法を試すことも大切

母乳育児蒸しタオルシャワー
ただ、蒸しタオルで温めるだけでは、日によってあまり出ないこともありました。ストレスや疲労がたまっていたり、体調が良くないとあまり母乳は出ていなかったように思います。1日1回、シャワー浴をするときに少し熱めのお湯を乳房に数十秒かけるようにしていたのですが、シャワーのあとは、体が温まるおかげか母乳がばんばん出ていました。あとは、蒸しタオルを使うのと合わせて、スープやホットドリンクなどの温かい飲み物を飲んで体を温めたり、タオルで乳房を軽く押さえながら、少し持ち上げたり回したりしてマッサージをするようにしたら母乳がよく出るようになりましたよ。やはり体を温めることは、母乳を出すうえで効果的なのだなあと実感しました。

母乳育児と蒸しタオルのまとめ

母乳の出は、ママの心身の状態によって左右されてしまうことがあります。私は、蒸しタオルだけで母乳が良く出た時と、そうでないときがありました。もし、蒸しタオルで効果が実感できないときには、マッサージやストレッチなどを併用したり、その他の方法で体を温めてみたり、休息をとったりなど違う方法を試してみるとよいかもしれません。母乳が出るようになって、赤ちゃんも上手に飲んでくれるようになれば、母乳の作られるリズムもできてきます。体を温めることは、母乳を出すうえで大切なことなので、その時々に合った方法を試してみて母乳が出るようになったらいいですね。

こうちゃん

2人の娘の育児をしています。30歳の主婦です。最近仕事復帰をしました。看護師、保健師、助産師の免許を持っています。よろしくお願いいたします。 茨城県・30歳・女性

We will be happy to hear your thoughts

Leave a reply