母乳がザラザラしています。

母乳がザラザラしています

[su_box title=”Q.母乳がザラザラしています。” box_color=”#fd7e89″]ツブツブが混ざってドロっってしているような感じですが、乳腺の詰まりかけでしょうか?解決策はありますか?[/su_box]

おっぱいの張りはどうでしょうか?重くてつらい感じがあるなら、乳腺が詰まりかけているかもしれませんね。
赤ちゃんが母乳を飲みづらそうだったり、あまり飲んでくれないということもありますか?
乳腺が詰まってしまうと、乳腺炎になってお母さんもつらいので、早めに対策しましょう。

水分をたくさん摂りましょう

水分をたくさん摂りましょう
ザラザラの母乳を、サラサラに変えるためには、まずは水分を多めに摂ることが大切です。
授乳していると、体中の水分が出ていきますので、意識的に水やお茶を飲むようにした方がいいですね。
特に夏場は冷たい飲み物を飲みたくなりますが、キンキンに冷えた飲み物は、母乳にはよくないみたいですよ。

私も現在0歳児育児で、授乳真っ最中なのですが、助産院で飲み物は温かいお茶を勧められました。
温かい飲み物が暑くてつらい時期でも、せめて常温がいいそうです。身体を冷やすと母乳の質も下がってしまうからです。

ルイボスティーやタンポポ茶、番茶などはノンカフェインで身体も冷やさないのでおすすめです。
すぐ飲めるように、たくさん作ってポットなどに入れて机の上に置きっぱなしにしておくといいですよ。

旬の野菜中心の和食を食べましょう

旬の野菜中心の和食を食べましょう
母乳がザラザラでドロっとしているのは、栄養価の高いものを食べ過ぎているからかもしれません。
脂っぽい肉とか、ケーキ、乳製品を食べ過ぎると乳腺炎になりやすいと言われています。

もし、カロリーの高い食べ物が好きでついつい食べてしまっているなら、ちょっとセーブした方がいいですね。
授乳中はとってもお腹が空きますが、なるべくヘルシーな食材で空腹を満たすようにしましょう。

美味しい母乳を作るためには、日本人の身体に合った食生活にすることが大切です。
ご飯とみそ汁、野菜の煮物、青菜など、和食を毎日食べていれば、母乳がザラザラになることはめったにありません。
旬の野菜は安く買えるので、家計にも優しいですよ。

赤ちゃんのお世話をしながらちゃんとした食事を用意するのは大変なので、おかずを作り置きしておくと便利です。
うちは、旦那が痛風になってしまったので、ついでに旦那の食生活も改善するべく、野菜中心を心がけています。
切り干し大根の煮物など大量に作って、タッパーに小分けにして冷凍しておけば、ラクですよ。

毎日の食生活を見直すだけでも、母乳はザラザラしなくなるはずです。
ついでに自分や家族の身体も健康になるので、いいことづくめ。

でも、好きなものをあまり我慢しすぎるのもストレスになってよくないので、たまに食べるくらいはOKだと思いますよ。

赤ちゃんにいっぱい母乳を飲んでもらいましょう


母乳が詰まりやすくなっているときは、母乳の質も下がってしまっているので、赤ちゃんもあまり飲んでくれないかもしれません。
でも、赤ちゃんが飲まない=母乳がよけいザラザラになるというように、悪循環です。
ですから、できるだけ赤ちゃんに飲んでもらって、乳腺の通りがよくなるようにしましょう。

ザラザラの母乳が残っている場合は、赤ちゃんに飲ませる前に少し自分で絞るといいです。
乳首に母乳が溜まらず、シャーシャーと飛ぶくらいになれば、赤ちゃんも飲みやすいので、しっかり飲んでもらいましょう。

授乳の間隔を開けてしまうと、またザラザラになってしまうので、頻回授乳を心がけるといいですね。
少しずつ何度も飲んでもらううちに、だんだんサラサラな母乳になってくると思います。

質のいい母乳は、青白くてサラッとしていると言われます。
水分をしっかり摂って、旬の野菜中心の食生活を心がけ、頻回授乳。この3つで、理想の母乳に近づくはずです。
おいしい母乳を作れたら、赤ちゃんもお母さんも授乳の時間が幸せなひとときになるので、一緒にがんばりましょうね。

茜母ちゃん

神奈川県・36歳・女性
横浜市のはじっこ・ちょい田舎でのんびり暮らす、4歳と0歳の子育て母ちゃんです。いろいろな情報が飛び交う中、あえてシンプルで自然な暮らしと子育てを心がけています。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply