母乳は生理がくると出なくなりますか?

母乳は生理がくると出なくなりますか

母乳は生理がくると出なくなりますか?

完母で育てて半年が経過しました。離乳食もはじまり、腹持ちが良いのか授乳の回数も減りました。ところが昨日から出血しており、もしかしたら母乳が止まるのかと不安になりました。一般的には卒乳してからだと思うのですが。

出産の後、生理がくるまでの期間は人によってまちまちです。
1か月でくる方がいれば、1年経っても生理のこない方もいます。

一般に、母乳の場合は、授乳の間は生理が来ないと言われています。しかし、同じ母乳育児でも、半年で生理がくる方もいます。それは、母乳と生理には、ホルモンのバランスが関係しているからです。
母乳と生理の関係上、妊娠してから出産までの間は生理がありません。
それは、妊娠と同時に、女性ホルモンである「プロラクチン」が分泌されるからです。プロラクチンは、排卵を抑制するプロゲステロンを分泌させる働きがあります。
出産後のプロラクチンは、母乳を生成する役割もはたします。プロラクチンは、赤ちゃんが乳頭を刺激することで分泌されます。

授乳回数を増やしていけば問題ない


つまり、授乳の間隔が長くなると、プロラクチンの分泌量は少なくなり、排卵が誘発されることとなるのです。そして、受精しなかった卵子が子宮内膜と一緒に排出されるため、月経が起こります。

逆に、突然排卵が行われて、排卵に気付づかずに、妊娠することもあります。生理がきた時の母乳授乳回数を増やすことができれば、母乳が出なくなることはありません。一回の量が減っても、回数を増やせば、母乳はまた回復します。
しかし、生理になると、母乳は薄くなり、味が変わります。赤ちゃんは、飲むのを嫌がるかもしれません。とはいうものの、ミルクを与えてしまうと、赤ちゃんは、母乳を飲まなくなります。母乳育児にこだわるのであれば、ミルクは控えた方が良いでしょう。

けれども、赤ちゃんの栄養を考えるのであれば、ミルクに変更した方が良い場合もあります。
母乳と生理が重なれば、ママも、栄養を今まで以上にとるようにしなければなりません。
かといって、糖分や脂質を取りすぎると、太ってしまいます。また、生理は、無排卵の時にも起こります。
不正出血と呼ばれるもので、何らかの原因で子宮内膜が生成され、はがれた時に起こります。その場合は、出血がみられても授乳を続けていると、出血が止まる場合もあるそうです。生理期間が長く、出血がいつまでも続くようでしたら、病気の疑いもあります。

生理中の授乳で気を付けること

生理中は、経血や水分が排出されることにより、熱が奪われ、体温が下がります。そして、体温を維持するために血管が収縮し、血流が悪くなります。出血することにより、ミネラルも奪われ、貧血になることもあります。そうすると、母乳の出は悪くなります。
なるべく、たくさんの水分と鉄分をとると共に、体温を上げるように心掛けましょう。体温を上げる方法・体温を上げる食品を食べましょう。・血管を収縮させる痛み止めは、血行を悪くします。血管を拡張する痛み止めを選びましょう。

CHECK !

    • 「ほっかいろ」を腰にあてるとだいぶ楽です。
    • 入浴は、時間が経つと返って冷えるので、すぐに温かい布団に入りましょう。

生理の母乳は赤ちゃん次第


私の場合は、生理がきても、子供がいつまでも母乳を欲しがって大変でした。
それよりも、母乳を嫌いになってくれた方がありがたかったですね。私はよく食べるので、母乳の味は、それほど変化がなかったのかもしれません。それでも、乳首をかまれることはありました。
味が不味くても、欲求には勝てなかったのでしょう。生理中よりも、生理前のほうが母乳はまずいようです。子宮内膜がつくられるのが生理前だからでしょうか。その時の方が、栄養が必要ですよね。
だからと言って、私は、食べ過ぎました。ミネラルが吸い取られて、脂肪だけが残りました。気を付けましょう。
しばらく会えなくて、断乳した時期もありましたが、再会とともに復活しました。枯れることはなかったです。
しばらくは様子をみても大丈夫だと思います。

ラブラドール

石川県・32歳・女性
二人の娘をそれぞれ、ミルクと母乳で育てました。どちらもそれぞれ大変でした。もう一度子育てができれば良いのですが、そんなわけにもいきません。私の失敗談が誰かのお役にたてたら光栄です。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply