赤ちゃんがHIVに感染するか心配です。

母乳 HIV

[su_box title=”Q.赤ちゃんがHIVに感染するか心配です。” box_color=”#fd7e89″]母乳でHIVに感染する確率はどれくらいですか?[/su_box]

母乳でHIVに感染する確率は母親がHIV感染していて、なおかつ予防処置をしていた場合の赤ちゃんへの感染確率としてデータに上がってきている数字は1%以下であると言われています。もちろん、HIVに感染していることを知らない状態のままで出産することになった場合には、赤ちゃんへの感染率は約30%と格段に跳ね上がることも併せてお知らせしたいと思います。というのも、自分自身がHIVに感染していることを気づいていないことによって、取れるはずであった、またできるはずであった処置や予防策を事前に準備しておいたり、施しておくことをおろそかにしてしまうといったところからこれだけの確率の違いが出てくることになると言われています。

そういった意味でも、事前に妊婦検診を受けておくということは、予防の意味でも、実際にHIVに感染していたとしても、いずれにせよとても大切なこととなってきます。
ほとんどの産婦人科では妊娠3ヵ月頃に初期検査を行いますので、ぜひとも受診しておくことをおすすめしたいと思います。

赤ちゃんがHIVに感染しない方法は?

母乳hiv
もし、妊娠初期に感染が発覚したとしても、適切な対策をとることができれば、ほとんどの赤ちゃんが感染を回避することができると言われています。
その適切な対策というのも、具体的には、薬を飲むことと、帝王切開をすること、また母乳を与えないといった方法が取れることが一般的な対処法です。

妊娠と抗HIV薬に関して

藥というのも、妊娠14週以降からの抗HIV薬であったり、分娩時の抗HIV薬の点滴のことを差します。また、分娩についても帝王切開が選択されることになります。
そして、もっとも気になるところが、断乳をするということです。すなわち、赤ちゃんの栄養補給は母乳ではなくて、粉ミルクを用いることになります。
さらに、赤ちゃんについても抗HIV薬を飲ませることになります。

HIVによる帝王切開に関して

帝王切開が選択される意味は、陣痛が始まってからでは胎盤から漏れる血液により子宮内の赤ちゃんに感染する可能性がないと言えないことが挙げられます。帝王切開による感染率は0.45%に対し、経腟分娩の感染率は20.69%であるといった数字が公表されています。

もちろん、赤ちゃんが生まれたら、HIVに感染しているか調べる必要があります。検査は出生48時間以内、2週間後、2ヵ月後、3~6ヵ月後の4回行います。陰性であれば9割以上の確率で感染していないと言えますが、最終診断は1歳6ヵ月時点で行われます。

母乳育児とHIVに関して

そして、最も気になるところである「赤ちゃんに母乳をあげること」についてですが、絶対に避けなければいけません。というのも、母乳にもHIVが含まれていることが医学的にも知られていることとなるからです。ですから、粉ミルクなどを使用することで、赤ちゃんの育児をしていくことになります。

粉ミルクで育児をする本当の意味

母乳育児ミルク
粉ミルクでの子育てに、抵抗があったり、周りから変な目で見られるのではないかとか、母乳を飲んで育っていない子どもは、身体が弱くなるんじゃないかとか、キレやすい子どもになってしまうといった半ば迷信のようなことを未だに信じている人がいることも事実です。とりわけ、親世代であったり高齢の方にその傾向があるように思わます。ですが、粉ミルクというのは総合栄養食であり、不足しがちな栄養素のすべてを含んでいることから、じつは母乳よりも効果的に子供が育つための栄養が詰まっていると言っても過言ではないのです。また、HIV感染などといった事情がなくとも、母乳の出が悪いお母さんであったり、はたまた赤ちゃんの吸い付きが良すぎるとか、強すぎることによって、乳房を負傷してしまうなどといったトラブルにさいなまれた結果、粉ミルクによる育児を選択するお母さんも珍しくありません。

赤ちゃんを守ってあげられるのは、お母さんのほかにはいません。正しい知識と方法によって、前向きにゆっくりと、一緒に、子育てを頑張っていきましょう。

yukina

兵庫県・37歳・女性
赤ちゃんを守ってあげることができるのは、お母さんのほかに誰もいません。正しい知識と方法によって、前向きな気持ちで、ゆっくり歩いていってください。

We will be happy to hear your thoughts

      Leave a reply